> 雑学 > 体温が下がると免疫力が30%ダウン?体温をキープする生活を送ろう!

体温が下がると免疫力が30%ダウン?体温をキープする生活を送ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.03.26

皆さんの体温は何度くらいですか?体温が35度代の人は注意が必要です。実は人の体温は1度下がることによって免疫力が30%も下がるといわれています。

理想の体温は36.8度といわれていますが、現代の日本人の平均体温は36度前後ともいわれており、「体温が36.8度もあって調子が悪い」という子供も中にはいるようです。ここでは体温低下が体に及ぼす悪影響と体温低下を防ぐための方法を紹介していきます。

体温が下がった原因と体に及ぼす悪影響

現代人の体温が下がってきた原因として、食生活の変化、不規則な生活、無茶なダイエット、筋力の低下などが考えられています。

「冷えは万病の元」と養生訓として昔から言われてきましたが、冷えて体温が低下すると具体的には免疫力の低下を始め、不眠、頭痛、腰痛、肩こり、様々な感染症発症率のアップ、心臓病やがんなどの重い病気の発症率アップ、ということが最近の研究で分かってきました。

さらに体温がもっとも低くなる午前3~5時は突然死の割合が増えたり、冷えにより脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓ができやすくなるとも言われており、体温の低下は私たちに多くのデメリットをもたらすことが分かってきています。

低温低下を防ぐには

私たちの体にダメージを与える冷えですが、防ぐための基本的な方法は食事・運動・適切な睡眠が重要になります。食事に関しては朝食を抜かずに3食をきっちりとる。冷えに有効なビタミンEやジンゲロールが多く含まれるアーモンドやしょうがなどをしっかり取ることがおすすめです。

運動に関しては筋肉がないと、熱を発生させる基礎代謝が低下してしまうので有酸素運動と並行して筋トレも行いましょう。睡眠前はシャワーではなく入浴にするのも冷えに対しては有効です。

睡眠は最低でも7時間はキープして夜の10:00~2:00までの間にはベッドに入るようにしましょう。この点を実行するだけで体温の低下は防げるはずです。

キチンとした生活を送ることによって冷えは改善できます。自分の体を守るためにも食事・運動・睡眠の3本柱はないがしろにしないようにしてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加