> 男女
カテゴリイメージ

男性と女性2人きりで食事に行く関係は、友人?恋の始まり?

男女の恋の始まりは随分大きな違いがあるようです。男性が女性と2人きりで食事に行くと男性は多少脈ありと思うかもしれませんが「女性は食事だけはタダのお友達」です。 でも、友達にもなりえないような嫌いな人と
カテゴリイメージ

冷戦状態の彼女との関係を改善する為の3つの策とは

表面に出なくても 男女で長い間時間を共にしていると、何かとお互いの”粗”が見えて来るものです。むしろ、付き合う前までは気にも留めなかったどうでも良い様な事が、何故か目につくんですよね。そうなると、何か
カテゴリイメージ

出世のために男性も右脳を鍛えて感性を豊かにしよう!

文字や言葉の印象と現実に五感で感じた印象は異なることがあります。刑事もののサスペンスで「現場100回」と言われるのもこのためです。聞いたことは右の耳から左の耳でも、見たこと、感じたことは感覚的に印象に
カテゴリイメージ

恋の先は結婚!が理想でも、恋と結婚では求めるものが違う?

恋人と結婚するのが現在の理想でも、人生長いのです。一生添い遂げるためには、一時が楽しい恋ではダメなのです。人生共に歩んでいける人でなければならないのです。 女性には、「愛しているけど、人生を共にする人
カテゴリイメージ

男女を差別するのではなく区別しよう!部下の力を引き出すコツとは

上司として働いていると、当然部下が何人もいることになります。自分の裁量で部下の男女比を決められるということはなく、入ってきた部下を等しく扱うことが上司には求められる訳です。 男女の扱いの違いから不満が
カテゴリイメージ

「結婚したらこっちのものさ!」と思ってる男性は後で泣きを見ます~後編~

人の好い女性は思慮深い 人の好い大人しい女性は、相手の気持ちに敏感で、自分の気持ちよりも相手の気持ちに反応するものなのですが、そういう女性は、相手にも自分の気持ちに、たまには気付いてほしくなるのです。
カテゴリイメージ

「結婚したらこっちのものさ!」と思ってる男性は後で泣きを見ます~前編~

大人しく優しい女性とお付き合いしている男性は、ついつい女性に甘えてしまうものです。結婚してしまったらどうにかなるさ、我慢してくれるさ、なんて軽く考えていたら、とんでもないことになります。
カテゴリイメージ

【女性との正しいつきあい方】理屈や理論ではなく感情に重きを置くべき理由

男性がいくら理屈や理論で説明しても、女性が「思ってしまった」「傷付いてしまった」という感情は、どうにもならない事があります。
カテゴリイメージ

怒った妻・彼女に謝る際に読みたい、本質を見抜き正しく謝る秘訣とは

我が家の旦那様は、どういうわけか謝るのが下手です。「あまりにも怒っていたから話しかけることもできなかった」と言うのです。
カテゴリイメージ

夫より妻の方が強いのは、妻には夫にない心の余裕があるからです~後編~

女性の強さは心の幹の太さで決まります! 私は、喜怒哀楽で生きていると主人によく言われます。「えー!!」「うー!!」「ゲッ!」「そんな……」「ウソー!」「キャー!!!」と擬態語が多いのだそうです。
12