> 雑学 > 脳波と精神活動との関係!脳波を使いこなして理想の生活を手に入れる

脳波と精神活動との関係!脳波を使いこなして理想の生活を手に入れる

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.29

脳波とは?

「脳波」とは、脳に流れる微弱な電流のことを言います。脳波電気信号を利用して身体を動かしたり、筋肉に指令を送っています。しかし、この脳内には常に微弱な電波が流れており、それが脳波といわれるものです。脳波は、寝ているときでも活動しているときでも常に微弱な波長を出し続けています。これがゼロになるときは、死を意味します。

そして、この脳波には私たちの活動状況やその時の気分によって波長の種類が変わってくるのです。よく耳にするものとしてはα(アルファ)波というものがありますが、これは非常にリラックスしている時の状態を指します。その他にも、ベータ波、シータ波、ガンマー波などに別れます。

基本的に、活発な精神活動をしているときは脳内の波長がベータ波となり、意識が活発になります。そしてα波では、深くリラックスをしていてまどろんでいる状態になり、意識が半分と潜在意識も活発になり始めます。そのため、なにか斬新な発想やアイディアを出す時には、α波の脳内が一番いいとされているのは、このためです。

実は、脳内の私たちの意識下におかれている部分は、全体のたった数%に過ぎず、それ以外は深い記憶と結びついていたり、潜在的な部分になるのです。この潜在意識をいかに引き出して、脳の多くの部分を活発にするかが、人生をより良いものにしていくためには重要です。

そして、シータ波では、α波よりもさらに深くリラックスしていて潜在意識と直通している状態です。ガンマー派になれば、意識はなく、深い眠りについている状態になります。

脳波と気分はリンクする

脳波は、私たちの気分によって左右されますが、逆にいえば、脳波によっても気分が左右されるということになります。脳波と気分や精神活動は密接に結びついていますから、深くリラックスすればα波になるでしょうし、逆にα波になるように脳を誘導することによって、リラックスした気持ちを作り出すこともできるのです。

リラックスしたα波

α波については、先にも少し説明しましたが、脳波の中では誰でも知っている最も有名なものになります。市販のCDなどでα波ミュージックなどは古くから積極的に販売されてきました。とくに、モーツアルトの楽曲はα波が最も出やすい曲調だともいわれています。α波ミュージックは、決して音からα波が出ているわけではありません。それを聴くことによってリラッックスした環境を作り出し、α波の脳波へと誘うのです。

α波は、意識はハッキリとしていますが、寝ている時に近く、極めてリラックスした状態の脳波だと言われています。私たちが起きているときの脳内というのは、大脳が活発になっており、意識的にコントロールできる部分が活動の大半を占めています。しかし、眠りに入ると、大脳は休息に入り、それ以外の潜在的な脳の働きが活発化します。α波の状態のときというのは、まさにこの半々の状態と考えるとわかりやすいのですが、意識的な脳と潜在的な脳がそれぞれ併せて活動している状態です。

α波の脳波の時にアイディアが浮かびやすいのは、これが理由です。そして、トラウマを抱えている人などは、意識的な脳ではなく、潜在的な脳に恐怖がインプットされてしまっていることが原因で、私たちの意識ではコントロールすることのできない領域にあります。しかし、瞑想をしたり暗示をかけるときというのは、基本的に脳内はこのα波やシータ波になっているので、潜在意識にアクセスしやすくなるというわけです。

さらにリラックスしたシータ波

シータ波は、ヨガの達人が瞑想状態に入った時に出る脳波だと言われています。通常の人では、α波よりもさらにリラックスをして、眠りに入り始めたあたりがこのシータ波の波長になります。シータ波では、α波よりもさらに進んで、もうすでにまどろみ始めてきたあたりの状態です。

普通の人であれば、そのまま眠りに入ってしまうため、シータ波をコントロールすることは難しいですが、ヨガの達人のように意識的にシータ波の状態を作り出すことができる人もいます。シータ波になると、意識的な脳の部分はだいぶ活動がおとなしくなって、潜在的な部分がかなり活発化している状態になります。

暗示をかけるときなどでは、このシータ波が最適とされており、潜在意識に直接語りかけることができます。しかし、暗示は、一歩間違えてしまうと、かえってトラウマや恐怖を増幅させてしまうことになるため、危険です。

脳波を誘導するバイノーラルビート

こうした脳波を効率的にコントロールしていくには、近年注目されている「バイノーラルビート」というものがあります。バイノーラルビートとは、別々の特殊な音を左右の耳から聞いて、脳波の変化を誘導させるものになっているようです。近年ではYouTubeやスマートフォンのアプリなどでも、手軽にこのバイノーラルビートを試聴できるようになりました。

睡眠を誘導するものや、リラックスしてα波やシータ波に誘導するものなど、様々なものがあります。バイノーラルビートは、それ単体で聞いてしまってもなんだか味気ないので、リラックス系の効果音やBGMと一緒に聞くのが一般的です。こうしたものをヒーリングミュージックなどとも呼び、リラックスや癒しに効果的ですので、試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加