> 趣味・ライフスタイル > 勝ち負けで判断するのをやめて、退いて平和を手に入れる方法

勝ち負けで判断するのをやめて、退いて平和を手に入れる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.07

今日は勝ち負けで判断するのをやめて、退いて平和を手に入れる方法についてお話ししようと思います。どうぞ最後までおつきあいいただきまして、すばらしい人生を歩まれてください。それでははじめようと思います。

良い人を演じ続けるのをやめる

わたしは、学生の頃、イエスマンでした。ノーと言う事が出来なかったというか、断って相手がいやそうな顔をしたり、辛そうな顔をすると、自分が何かひどい事をしたような気になってしまい、そんな気持ちにさせてしまうくらいなら断らずに自分の時間と労力を使っても、相手の願いを叶えてあげようとしたのです。

わたしの場合のイエスマンは、良い人を演じたいとか、みんなから好かれたいというよりは、かわいそうだからしないといけないんだという、ある種強迫観念のようなものでした。

これはかなり苦しかったです。頼まれたらすべて断ってはいけないものだと思い込んでいましたし、そんなこんなで生活をしていると、いつの間にか、周囲の人間もわたしに頼めばなんでも解決してくれると思うようになり、どんどん問題が大きくなっていきました。

強迫観念と闘う

多くの人は、ただ単純に感謝し、そうゆうわたしを称賛していたようにも思えますが、中には悪質な人間もおり、何かの利益を得るためにやっているとか、人気者になりたくて行動しているとか、いろんな事を影で言われました。いわゆる良い事を恐怖症になった時期でもありました。

そんな時、マザーテレサが残してくれた言葉で、「あなたができる最良のものをこの世に与えなさい」という言葉が心に残り、やはり良い事は続けようと踏みとどまったのでした。

良い事をするという行為自体は、自分の心から自然に生まれる感情なので、それを無理矢理押し込めていると、自分が歪んでくるんですよね。だから、出来る事はして、出来ない事は断るようにしました。

最初のうちは、人から求められたり、称賛されたりするのが嬉しかったのですが、こちらがいやそうにすると、不機嫌になる人もおり、自分がやらないといけないんだという強迫観念にとらわれるようになりました。

ここで逃げずに強迫観念と闘わないといけなかったのでしょうが、わたしは正しい判断が出来ずに病気になってしまいました。

良い事をしても、誤解され、嫌われるという負のスパイラルが出来るようになり、次第に、わたしがやる事はすべて偽善だなどと、悪い噂まで流されるようになりました。本当にひどい人もいるものだなとあの時はとても悲しい気持ちになりました。

有害な人間とは縁を切るように心がける

人間関係というのはシンプルなので、もっと簡単に考えていいと思います。シンプルに生きれる人間こそが、幸せを得る事が出来る人間なのです。残念ながら、人間には、優秀な人間と、劣悪な人間もいて、後者のような人間に言葉が届く事はないように思えます。

人間というのは、ただ、教育を受けてきただけの動物なので、つきつめていくと、サルなどと大差はないわけです。しかし、教育を受ける事により、どんどん質を高めて行けるのもまた人間です。質の高い人間と、劣悪な人間というのは、反応をみていればすぐに分かります。

たとえば、機嫌がいいときは、ニコニコしている人でも、なにか不愉快な事があると途端に当たり散らしたりする人間や、人の悪口を言う人間、誹謗中傷する人間は、敵にまわせば、自分もされるということですから、気をつけましょう。

あとは、歪んだプラス思考の人間なども危険です。自分たちに非があるなどとはまったく思わないので、話し合いが出来ません。

他には他人を平気で騙したり、嘘をついたりする人など、人間には本当にいろんな下等な人間もおりますので、よくよく観察してみる事です。年齢ではありません。人生の質を高めながら生きて来た人は、若干何歳かでも、本当にすばらしい人間性の子どももいますからね。

上記の断る癖をつける事にもつながるのですが、こういった悪質な人間と出会った場合は、すぐに縁を切った方が良いです。くだらない人間は、思考も、言動も、行動もすべてが下等で、あなたにとってマイナスな行為しかもたらしません。

なので、こういう人と出会って、しつこくまとわりついてくるようであれば、もうあなたとは金輪際関わりたくはありません。迷惑なのでわたしに話しかけないでください、ときっぱり縁を切る事です。

こういう人間は、いわゆる人災と呼ばれる類いの人間なのですが、頭が悪く、動物と変わらないため、自分を観察する事が出来ず、どうにかして足をひっぱり蹴落とそうとしたり、誹謗中傷したりと、とにかくたちがわるいです。こういう人とは一切関わってはいけません。

どんな事をされても言われても、とにかく縁を切る事にフォーカスし、無視し続けましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加