> 趣味・ライフスタイル > 「何だか運が上向きになって来た!」そのとき思いは何処へ~前編~

「何だか運が上向きになって来た!」そのとき思いは何処へ~前編~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.11

最近何だか運が向いて来たような気がします。それが今だと何だか確信しているのです。だから今この現状で新しいことをせず、受け身で目の前の仕事を一つ一つ片付けていこうと思います。それだけで運が向こうからやって来る気がするのです。

最近夫が仕事の上で運命の分かれ道に来ているようです。でも、目先の報酬に迷わず好きな仕事をやっていけるように、口を出さないようにしています。まずは、この先数十年も働かないといけないので、好きな仕事が一番です。人間関係も大切です。

私はタロット占いをたまにします。これが結構当たるのです。やはり少し不安なのでタロット占いをしてみました。すると「運命の和」が出ました。運命が良い方に転換する時期のようです。

占いで裏付けをして自分の判断に自信を持つのです。気休めにしか過ぎない「たかが占い」ですが、それで自信が付いて腹が据わるならそれでいいと思っています。

所詮人生はギャンブルなのです。夫の列車に一緒に乗って、吉と出るか凶と出るか、行き先は未定ですが、私は頂上に登れると信じています!私は信じて目の前のことを一つずつ片付けていこうと思います。いざという時は、私が家計を支える覚悟もしています。ギャンブルは負けることもあるのですから・・・。

人の心は移り変わります!

昨日夫と大喧嘩をしました。あまりの悔しさに、今夜夫が反省して謝らなかったら、「離婚だって辞さないぞ!」という覚悟です。何だか運気が上がって来たと感じるのも、夫との離婚で新しい人生へ向かって躍進するのは私かもしれない、なんて思います。

今まで夫の運気が自分の運気だと思っていましたが、夫はそのままで私だけの運気が上がっているのかもしれません。考えれば、今まで夫第一に考えてきました。夫の両親と同居し、様々なことを我慢し、良い妻になろうと頑張ってきましたが、人は自分に都合のいい状況が続くとそれが当たり前になるのでしょう。

今は三食出てくるのが当たり前、結婚前あんなに反対していたというのに、今や召使い同然です。さらに若い夫との結婚で「息子との結婚を許してやったのだから感謝してね!」という感じです。そもそも一番腹が立つのが私の親に失礼なことが多いということです。

夫との年齢が離れている分、私の両親との年齢の差も一回り以上あります。戦前生まれと戦後生まれの差です。戦前生まれの私の両親は、私のことを考えて我慢してくれていますが、本当は夫の両親の常識の無さに開いた口がふさがらないと、母が電話で怒っているのを何回か聞いたことがあります。

自分で言うのもなんですが、私の家は地元では有名な旧家です。父も祖父も名士ですから独身時代は名前を聞いただけで相手が父や祖父とどういう関係か聞かれます。いわゆる、田舎のセレブ生活を当たり前にしていたのです。でも結婚するまで自分がセレブだということも知りませんでした。

もちろん、蝶よ花よと育てられましたので、恥ずかしながらオバサンになるまで悪意に触れたことが無いのです。周りの人間も似たような家柄の人間としか付き合わないので、今まで自分が特別だということを知りませんでした。

それが、召使いのようにこき使われ、初めのうちは、まるで自分の息子を結婚に焦ったオバサンが騙してたらしこんだかのように罵られ、「身分違いを知れ」「厚かましいわね。釣り合わないと思わないの!」とまで言い放っていました。もちろん姑の思い込みです。私は再婚ですから私から結婚を迫ったわけでもなく、私の両親だって猛反対しました。

それが、私の実家を見たとたん態度が変わったのです。私への言葉も変わりました。妹夫婦は、夫の両親の無礼な厚かましい態度に怒っています。父も母も笑って「言わせておきない」とか「お義母さんは、寂しいのよ」とか言っています。一回り年齢が違うと相手に優しくなるのかもしれません。

それでも、今日はいつもとは違います。もし夫が反省してないのなら私は離婚しようと思います。それでも今日も同居の両親の召使いとしてせっせと働く私です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加