> 趣味・ライフスタイル > 男も本気のダイエット!運動音痴にスポーツジムをおすすめする理由

男も本気のダイエット!運動音痴にスポーツジムをおすすめする理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.09.12

運動音痴にとって、ダイエットは鬼門です。ただ、デスクワークの多いビジネスマンは太りやすいです。仕事の付き合いも出てきますし運動量そのものが低下してしまうので、普段から食生活に気を使っていたり意識的に運動していたりしない限りほとんどの男性は太ってしまいます。

一度太ってしまえば運動が苦手か得意かどうかなんて関係ありません。皆等しくデブ扱い、メタボ扱いです。それでも運動を得意としていた人たちはすぐさま運動を始め、元の肉体を取り戻す……とはいかないのが現実なのです。

スポーツジムに運動音痴が行っても良いのか。そんな悩みを持つ皆さんに教えましょう。世の中のジムは、運動音痴を求めているのです。

ジムの設備は初めての人にうってつけ!

運動にあまり慣れていない方、運動音痴な方に多いのですが、とにかくスポーツジムと名のつくところを人外魔境のように思っている方がいらっしゃいます。

確かに、ジムによっては見上げんばかり、はちきれんばかりに筋骨隆々のマッチョマンが汗やオイルでテカリながらトレーニングをしているのですから、なんとなく想像しただけでもいかにも暑苦しそうな感じがしますよね。

しかし、実際にはスポーツジムは怖くもなんともない場所なのです。スポーツジムというのは、運動するために必要な機材や設備が整っている場所のことを指します。

年会費なりを支払う代わりに、場所代と機材使用のレンタルをしているようなものなのです。スポーツジムでムキムキマッチョマンががっしょんがっしょん音を立てながらやっているいかにもなトレーニングマシンも、非常に便利な運動補助器具なのです。

運動不足な状態で、それも運動音痴な方が突然ダイエットのために一念発起すると良く起こってしまうのが、怪我です。

運動に慣れていない方は、どういう運動や筋トレのメニューをどれくらいの頻度と時間で行うべきかの判断をすることが出来ません。

それは、昔運動をしていて運動神経に自信があるという方も同様です。なまじ体が動いていた意識や記憶がある分、今現在の上手く動かない体とのズレが生じてしまい、結果的に運動を始めてすぐにオーバーワークをしてどこかを怪我してしまう。

もしくは、適正な運動をすることが出来ず、どれだけやっても痩せないじゃないか、とダイエットを諦めてしまうのです。

一人で運動をするのは何者にも縛られませんし自分の好き勝手に予定を立てられるので非常に気楽だと思うかもしれませんが、実際には効率よくトレーニングするための設備も揃えられませんし、アドバイスをくれる人も周囲におらず間違った運動をしていても誰にも止めて貰えないのです。

つまり、実は一人で運動するという方がダイエット成功のハードルはずっと高いのです。

スポーツジムは運動音痴が大好き!

スポーツジムのような場所は、初心者でも熟練者でも同じようにトレーニングすることが出来るトレーニングマシンがたくさん置いてあります。

スポーツジムで必要なのは運動神経が良い悪いというものではなく、目標に向かって個々人できちんとメニューを行っていく意志だけなのです。

スポーツジムならば、何か分からないことがあればスタッフを捕まえてすぐに聞いたり、指導して貰えたり出来ます。一人で運動するよりも、周囲に同じように運動している人がいる分、続けやすくもあります。

運動音痴の男性だからこそ、スポーツジムを活用していくのが一番怪我もせず、ダイエットを諦めず、スリムな体型を手に入れられる方法なのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加