> 趣味・ライフスタイル > 忙しい人ほど瞑想をした方がいい5つの理由とその効果

忙しい人ほど瞑想をした方がいい5つの理由とその効果

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.06

毎日が忙しくて、なかなか身体や心を休める時間が取れないという人もいるのではないでしょうか。忙しいことは嬉しい悲鳴ですが、それを続けていくと体調を崩してしまったりします。

そういう人は1日15分でいいので“瞑想”をすることがオススメです。たった、15分の瞑想で生活は驚くほど変わってきます。忙しい人ほど瞑想をしたほうがいい5つの理由があります。

1.心が落ち着く

瞑想は目を閉じて、あぐらをかいて楽な姿勢をとります。ゆっくりと呼吸をして頭の中を空っぽにします。ゆっくり吸って、ゆっくり吐く呼吸をするとアルファー波が出ます。アルファー波はリラックス効果があり、心が落ち着きます。心を落ち着けると、身体はリラックスし、疲れが取れやすくなったり、普段の仕事の忙しさを忘れることが出来ます。

2.健康にいい

瞑想は、高血圧や呼吸器疾患、頭痛、胃潰瘍などに良いとされています。実際、瞑想をすると免疫力が上がり風邪を引きにくくなったり、体調不良が回復するといった研究結果が出ています。

3.睡眠にいい

瞑想をすると、心身共に落ち着くので睡眠の質が向上します。また、1日15分の瞑想で睡眠時間を2時間短縮しても疲労回復度は6〜7時間睡眠の時と変わらないといいます。忙しくて睡眠時間を取るのもままならないという人には瞑想はピッタリかもしれません。

4.気分がよくなる

15分だけの瞑想でドーパミンが分泌し、やる気が向上します。また、仕事などに対する達成感を得やすくなります。

忙しい人は、普段の生活で余裕が持てなくなってきている場合が多くあるので、仕事に帯する気持ちがネガティブになってきてしまったら、仕事の進行にも悪影響が出るかもしれません。気持ちをポジティブにするために瞑想をしてみるといいでしょう。

5.感情のコントロールができるようになる

瞑想をし始めると、感情をコントロールする事が出来るようになります。ゆっくりと深い呼吸をしつつ目を閉じて、頭を空っぽにすることで嫌な気持ちなどを忘れさせてくれます。また、感情をコントロールできるようになるのでイライラしたり、先に考えすぎたりすることを防止する事が出来ます。

瞑想をする時の注意点

瞑想をする時は、なるべく気分をリラックスさせて行った方がいいでしょう。忙しい現代人は就寝前に瞑想をしましょう。夜は朝や昼間よりも時間を取りやすいので、15分でも時間を取れるはずです。15分間、ゆっくりと呼吸をくり返し目を閉じて頭を空っぽにしてみましょう。

もし、頭を空っぽにすることが出来ず、雑念が振り払えないのなら、その雑念を箱に入れて片付けていくイメージを持てば、徐々に考え事や悩み事を閉じ込めて気分を落ち着けることが出来ます。また、瞑想をする時は部屋の明かりを暗くしたり、お香を焚いたりしてリラックスできる環境を作れば、より高い効果を期待できます。

忙しい現代人こそ、15分間の瞑想を!

忙しい現代人こそ、心を落ち着けたり、健康によかったりする瞑想をするべきでしょう。元AppleのCEO故スティーブ・ジョブズも瞑想を習慣にしていたといいます。1日たった15分だけでも時間を取って瞑想をしてみましょう。きっと、忙しいあなたの生活を驚くほど変えてくれるはずです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加