> 趣味・ライフスタイル > 後悔ばかりの人生とは今日でさよなら!自分の本心で人生を選択する生き方

後悔ばかりの人生とは今日でさよなら!自分の本心で人生を選択する生き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.13

「あーあー、中学の時、好きなあの子に告白しとけばよかったなー。別にふられてもよかったから」
「あー、あの時にやり返しとけばいじめられる事もなかっただろうに・・・」
「あの時ちゃんと勉強しておけば、良い大学に入れて今頃一部上場の管理職クラスになって豊かな生活も送れていただろうに・・・」

と、生きていれば「あの時こうしておけば良かった」などという後悔は考えればきりがないほど出てきます。私もそうでした。今回は私が、後悔しない人生を生きるための秘訣をお教えします。

「もう遅いよ・・・いいおっさんだしもういいよ」

そんな事はありません!今からだってあなたの人生を悔いの無い人生に変える事は十分可能なんです。

人生の最期を迎えた時、「あれもやっておけばよかった、これもやっておけばよかった」と後悔ばかりの中で終わるよりも、「生ききった!最高の人生だった!」と一緒に胸を張って天国に行きたくはありませんか?そう思われる方は是非最後までお付き合いください。それではスタートです♪

1:自分の直感を信じる

選択肢に正しい間違いなどはなく、行動した後に起こるのは何らかの結果であり、それをどう解釈するかはあなた次第です。「後コレだけしかコップに水が残ってない!」と思うか、「まだこんなに飲める水がある!」と思うかはあなた次第という事なんですね。

なので、まずは最初にやりたい!そう思った気持ちをあとづけの感情に惑わされる事なく、他者の意見など聞き入れる事なく、自分の心が導かれるままという方向に進んで行ってください。そうすれば、まず後悔する事はなくなります。

だって自分の自然に湧いて出た気持ちなので、自分の希望であり、それを行動に移し、どんな結果が待っていようがすべて自己責任だから潔く諦めもつきます。たとえば、散歩していて、「あ・・・この場所なんか気になるな」と思った場所があったとします。

たとえば私の実例を挙げるなら、この前、公園のテーブルで仕事をしていると、150段ほどの階段がありました。そして私は「その先に何があるんだろう、どこにつながっているんだろう」と思いました。コレを一般に「好奇心」と呼びます。

子供の頃に誰もが持っていた、夢中で何かを追い求める冒険心や探究心、または情熱の事です。しかしその次に頭に出て来たのが、「気にはなるけど階段上るの面倒だな・・・」でした。子供の頃は元気だったのもあったのでしょうが、データがないため、この階段を上ったらどれだけしんどいかとか、明日筋肉痛になるからなどといった打算的な考えはしません。

しかし大人になると、どうしても過去の経験やデータから守りに入ってしまい、楽な方楽な方に、自分が傷つかない方向を選んでしまいます。これが後に「後悔」となって自分の身に返ってきます。この時、階段を上ってその先の景色を見ていれば、後になって気になるとか、上っておけばよかったなどといった後悔は生まれません。

そして私はその時、面倒に思いながらも、上りました。それが私の好奇心であり本心だったからです。そして実際ちょっと足がキツかったのは事実なんですが、そこまでの事はありませんでしたし、疲れも残りませんでした。その150段の階段を上りきった後に何が待っていたかというと、団地を一望出来る素晴らしい景色と、自分の家への近道でした。

しかもそのルートをたどれば、私の大好きな公園にもつながっており、たくさんの素敵な発見があったのです。直感というのは、宇宙からのメッセージのように私は思っていて、その通りに生きた方が、素晴らしい出来事に出会える確率がとても多いです。

もし出会えなかったとしても、何もなかったという事実を知る事ができ、後悔はなくなります。なので直感が生じたら、必ず行動に移す。そうすれば後悔する事など絶対になくなります。

2:自分の本心に直接聞いてみる

人生において選択肢というのは日常的に無数に存在しており、人は自分にとって一番利益があるであろう選択肢を選ぼうとします。その利益は「楽で傷つかないため」だったり「お金のため」だったり「人のため」だったり「幸せのため」だったり、または「成功のため」だったりするわけで、それは人により違います。

ここで後悔しないためにはどのような選択肢を取れば良いのか?それは「自分の人生のため」を利益とし選択する事です。すぐに10万円もらえる裏技的即金ビジネスのような目先の利益にとらわれたものではなく、安定して長期的に稼ぎ続けられるビジネスモデルを選択する。

大局的に見て、それが自分の人生にどういう利益をもたらすかで選択するのです。自分が本当にプロ野球選手になりたいのであれば、大変な練習を避けては通れません。その選択が出来るかという事です。ここで正しい選択が出来るようになれば、後悔はなくなります。

1と2の生き方を組み合わせて生きれば、後悔する事はおそらくまったくなくなります。細かい選択ミスはありますよ。たとえば「現金持って来とけば良かった。クレジットカードで支払えないよこのお店・・・」というのは普通に私もあります。ありますが別にどうでも良いです(笑)

人生にはなんの影響もありませんから。1でお話した直感と本心は厳密に言うと私は異なると考えています。直感というのは、自分が宇宙に願ったものを宇宙が教えてくれる、本心というよりはいわばメッセージのようなものです。

元をただせば自分の欲求であり、それを宇宙が受け取り、返しているだけなので、本心の一部になるのかもしれませんけどね。私もそこはちょっとまだ定義する事は出来ません。今までのあなたの人生をすべてさかのぼってみて、後悔している事のリストをつけていくといいでしょう。

そして可能であるなら、それを実際に行動に移してみる。恥ずかしいとか今更と言わないで、とにかくやってみる。中学の時に好きだった女の子に当時好きだったんだよと伝えてみてください。もしかしたら意外な反応が返ってくるかも知れません。後悔の無い豊かな人生を^^

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加