> 趣味・ライフスタイル > マイナス思考の排除の仕方!嫌な気持ちは簡単に変えられる!

マイナス思考の排除の仕方!嫌な気持ちは簡単に変えられる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.22

自分の中でのマイナス感情や、自分への嫌悪感をプラス記憶によって壊してしまうテクニックをコラプシング・アンカーと言います。その方法を紹介します。

これは心理学における一つのワークで、2人で行う必要があります。その前に、コラプシング・アンカーというテクニックを使うには、先ずはアンカーという事を知る必要があります。

アンカーとは、過去に楽しかった思い出が、何かのきっかけでその時の感情が現れるという事を意味します。例えば、恋人とのデートの時に車でかけていた曲を聴くと、その時の楽しい気持ちが蘇ったりします。

しかし、アンカーはプラスの事だけでは無くて、マイナスのアンカーもあります。そのデートの時にもしも喧嘩をしていたら、その曲を聴くと喧嘩をした時のイライラした感情が蘇るでしょう。こんな風に、アンカーにはプラスとマイナスのアンカーがあります。

2人でのワーク。コラプシング・アンカー

先ず、あなたがこのワークをしたい場合に、友達が手伝ってくれたとして解説します。

あなた:先ずは思い出すと嫌な気持ちになってしまう状況を選びます。
「(この前、彼女にひどい事を言われたなぁ)」

友達:その時の状況に対して、こんな風になれたらいいなという理想のプラス感情を見つけさせます。
「じゃあどうなったらいいのか、理想の状態を想像してアンカーを作ってね」

あなた:アンカーが出来たら一旦その盛り上がった感情から抜け出して、ニュートラルな気持ちになります。
「オッケー、作った後にニュートラルな気持ちになったよ」

友達:そうしたら、今度はマイナス感情を思い出させる様に指示して、マイナスのアンカーを作らせます。
「じゃあ今度はマイナス感情を思い出して、マイナスのアンカーを作ってみて」

あなた:マイナスのアンカーが出来たら、また盛り上がっている感情から抜け出してニュートラルの状態に戻って下さい。
「オッケー、嫌な気持ちだった。そしてアンカーも作って、今はもうニュートラルな状態だよ」

友達:そうしたら今度は両方のアンカーから両方の感情を引き出させます。そして、ちょっとだけ早く、プラス感情を引き出させる様にして下さい。
「じゃあ、アンカリングした両方の感情を引き出してごらん。で、少しだけプラスの感情を早く引き出してね」

あなた:「難しい事言うね。うん、出来たよ。こんな感じかな」

友達:「まだまだ、十分にその感情に浸ってピークになると感じるまで体感してね」

あなた:「オッケー。出来たよ」

友達:今度はマイナスのアンカーを先に離します。そして、その約5秒後にプラスのアンカーを離しましょう。
「じゃあ、マイナスのアンカーを先に離してね。その5秒後にプラスのアンカーも離して」

あなた:「えっと、先ずはマイナス。そして5秒後にプラスだね」

友達:友達はマイナス感情の時の印象がどの様に変化をしているかを確認する必要があります。
「(うん。マイナスの状況が最初と印象が変わったな)」

あなた:「よし。出来たよ」

友達:最後は、また起こり得るマイナスの状態の可能性のある場面設定を想像する様に指示をして下さい。そして、今度はどの様に対応するかを確認する様に指示します。
「じゃあ最後は、今後またマイナスな事が起こる可能性ってあるよね?その時の様子を想像して、上手く対応してみて」

あなた:「(どんなマイナスが起こるんだろう。例えばまた彼女と喧嘩かな)」

友達:「じゃあ今度はどんな風に対応するか確認してみてね」

あなた:「(今度は喧嘩になりそうになっても、上手くなだめられそうだなぁ)」

こんな風に、マイナスとプラスのアンカーを同時に使ってそれぞれの感情を引き出して、プラスのアンカーでマイナスのアンカーを潰してしまうというのがコラプシング・アンカーというテクニックです。手伝ってくれる人と綿密に打ち合わせをし、あなたのマイナス感情をプラス感情によって潰して下さい。

そして、あなたのワークが終わったら、手伝ってくれた人にもワークを体験してもらいましょう。お互いがアンカリングのテクニックを覚え、コラプシング・アンカーを体験しあう事で、お互いの感情に対しての相乗効果が表れるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加