> 趣味・ライフスタイル > 一流なりきり思考術!今日からあなたも簡単になれる一流の人

一流なりきり思考術!今日からあなたも簡単になれる一流の人

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.20

一流になるには、一流の体験が必要です。しかしそれよりも重要なのは一流の考え方をする事。一流になりきって本物を見続けて下さい。

一流の環境に身体を慣らす

一流の人と、一流ではない人の差は、自分が一流であると思っているかどうかの差です。

自分のことを一流だと思っている人は、一流の思考をしているので、それが行動や発言に表れたり、気付きや発想にも表れます。

そのために必然的に一流になっているのです。

逆に、一流になれない人は、自分なんて一流になれないと信じていたり、自分は一流ではないと思っている人です。

そういう人は、自分の一流ではない思考によって、行動、発言、発想などに影響をし、実際に自分は一流になれないという必然を呼んでしまうのです。

つまり、自分の思考を原点とし、そこから現実を作り出しているという事です。

一流になるには簡単な方法があります。どのようにすれば一流になれるのでしょうか?

一流の体験をしよう

先ずは一流の体験をしましょう。一流の体験とは、一流の人がやっている事と同じ体験をするという事です。

一流の定義は人それぞれですから、あなたにとっての一流で構いません。

もしあなたが、「一流の人は高級料理店に足を運ぶ」と定義するのなら、あなたも真似をして高級料理店に行く機会を増やしましょう。

「新幹線のグリーン車で移動している」と定義するのなら、あなたもグリーン車で移動するようにしましょう。

この様に、一流の人が普段やっている事と同じように行動をすると、その環境に馴染んできて、「自分は一流なんだ」と錯覚します。それによって一流になっていく確率が上がるのです。

一流になりきろう

しかし、費用がかさむ方法に限界があるのでしたら、廉価版の方法もあります。

それは、振る舞いを一流にするという事です。

あなたが思う一流の人の真似をして下さい。

話し方を真似するとか、歩き方を真似するとか、仕草を真似するとか、その一流の人になりきってみましょう。

特定の人を一人選ぶ必要はありません。複数の一流の人の共通点を真似しても良いでしょう。

真似をする事で、自分が一流であるかの様に、錯覚を起こします。その結果、一流に近づくのです

つまり、まずは一流マインドを持つ事が重要なのです。「自分は一流にはなれない」とか、「一流ではない」という発想をしていると、チャンスを見逃したり、可能性思考を停止させたりしているので、その逆の事をすればいいのです。

一流だという思い込みを先に起こすと、現実は後から自然と付いて来ます。是非ともお試しください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加