> 仕事 > 集中して仕事をするためにも、休憩は効果的に取ろう

集中して仕事をするためにも、休憩は効果的に取ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.27

休憩は効果的にとって、仕事を効率化しよう!

何時間も連続して集中して仕事をすると言うことは、ほとんどの人には不可能な芸当です。 優秀なビジネスマンの多くは、休憩を取るのも上手く、1日中高い集中力を発揮するものです。

集中力を持続させるための、「効果的な休憩の取り方」を紹介します。

90分に1回は15分程度の休憩を取る

何時間もぶっ続けで仕事をしていると、どうしても集中力が低下してきます。集中力が低下した状態で、いくら仕事をしようと思っても効率的に進みません。

定期的に休憩を取ることで、頭とカラダをリフレッシュさせるのがオススメです。

だいたい、90分に1回15分程の短い休憩を取り入れるようにしましょう。たった15分の休憩でも、集中力をもう一度発揮するには充分な休息になります。

会議が長時間になるなら、必ず休憩を入れる

会議は、なるべく短めにしたほうが集中して臨めます。ですが、時には何時間にもわたって行わなければならない場合もあると思います。そういう場合は、キリのいい局面で休憩を必ず入れるようにしましょう。

理想としては60分~90分に一度、10分~15分ほどの休憩を挟むことです。トイレ休憩。タバコ休憩。新しいコーヒーを入れる。少しオフィスの外を歩くなど、気分転換になるようなことをすれば、休憩をいれない会議よりもアイデアが生まれるかもしれません。

また、集中力を取り戻す事もできるので、会議の時こそ休憩を意識するようにしましょう。

15分の短い仮眠は夜の2時間の睡眠に匹敵する

ほとんどの会社は、昼休みが60分だと思います。全ての時間を昼食に充てているなら、少しもったいないことです。

食事の時間を45分にして、残りの15分は自分のデスクで仮眠を取ってみるのをオススメします。たった15分の短い仮眠でも、夜の睡眠の2時間分の効果があると言われています。短い時間でも、頭がスッキリするうえ、気持ちも切り替わるので午後からの仕事を集中してこなせるはずです。

15分で起きるために、仮眠を取る前にコーヒーや緑茶などカフェインを摂取するようにすると、サッと起きる事ができます。カフェインは、人によりますが、だいたい15分後くらいから効き始めるので、丁度いいタイミングで起床することができます。

人間は連続して集中できないから休憩を取ろう

人は、長時間連続して集中して仕事をしたりすることはできません。どうしても、数時間、人によっては数分で集中力を切らしてしまいます。

集中力を鍛えるトレーニングや、やる気を出すライフハックなど様々なテクニックがありますが、最も効果的なのは休憩を取ることです。

90分に1回15分間の休憩を取ったり、会議が長引きそうな場合は、自分から休憩を提案する、昼休みには15分程の仮眠を取るなど、効果的な休憩の取り方はいくつかあります。

休憩を適切に取ると、1日中一定の集中力を発揮しながら仕事を進めることができます。あなたの周りにいる“できるビジネスマン”は、効果的な休憩を取っているからこそ仕事ができるのかもしれません。

あなたも休憩を効果的にとって、集中して仕事を多くこなし、できるビジネスマンの仲間入りをしましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加