> 仕事 > 夢をいつのまにか叶えてくれる、ビジョンボードの驚くべき効果

夢をいつのまにか叶えてくれる、ビジョンボードの驚くべき効果

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.29

今の自分の人生は、全て自分で作っていると聞いたら、驚く人もいるかもしれません。中には全然理想じゃない、嫌になるような毎日を送っている人もいるかもしれません。逆に、理想の人生以上の人生を送っている人もいるでしょう。

ポジティブなほうは、理想の人生だと思うかもしれませんが、ネガティブなほうも理想の人生を生きています。それは、ちょっとした考えから始まります。

集中するものは、より現実になる

これは、スピリチュアルな話ではなく、脳などの科学からも証明されていることですが、自分の意識が向いていることが、だんだんと現実になっていきます。こう聞くと「欲しい物、欲しいお金、欲しい恋人をイメージしてるのに全然来ない!」という人もいるかもしれません。

これが、脳の1つのカラクリといえます。もちろん、そうした欲しいものはイメージすればするほど、その現実が近づいてきます。なぜなら、イメージすればするほど、それを持っている自分に近づこうとして、行動や思考、趣味や癖などがだんだんと変わってくるからです。

ですが、その下に大きなブレーキがあります。それは、信念です。しかも、この信念は自分に正直に向き合える人じゃないと、中々見つけることが難しいです。そのブレーキがなくなったら自分を守るものがなくなるからです。

たとえば「歌手になりたい!」と思っていても、「親のもとを離れたくない」と思っていれば、それが現実になります。夢を描いていても、それより強い信念を持っていれば、いつまでも夢が叶うことがありません。これが、夢が実現する人としない人の違いといえます。

ビジョンボードを作ろう!

信念の壁を超えて、理想の人生を実現するための頼もしいツールになるのが、ビジョンボードです。ビジョンボードとは、自分が欲しいもの、欲しいパートナー、欲しい状況、欲しい環境などを写真や文字でペタペタとコルクボードのようなものにつけていくものです。

欲しい車、欲しい家、欲しいブランド品、欲しい人間関係、欲しい仕事、欲しいお金、などなど、思いつく限り見つけて、それを雑誌や本などから写真を切り取って、張り付けてみてください。

そうしていくうちに、人によって時間はそれぞれ違いますが、気がつかないうちに自分が変わっていきます。その変化は小さなものなので、自分では全然分からないかもしれません。

事実、理想の人生になった人たちは、忘れていたビジョンボードを取り出して、理想の人生になっていたと気付く人がほとんどのようです。これを聞くと、魔法のようなちょっと信じられないことかもしれませんが、ビジョンボードを作り始める時点で、もうだんだんと自分が変わっていることが分かります。

それを作っている時はとても楽しいと思います。その気持ちを感じている時点で「もっとこうした気持ちを感じたい」と自分に言っていることになるので、その状況を近づけるために脳が色々な情報を寄せ集めてくれて、それがだんだんと自分の体にインプットされていきます。

これは、無意識レベルで起こることなので、意識では分かりません。そして、その実現のスピードが早いか遅いかが、信念のブレーキが強いか弱いかによって違うということです。

信念のブレーキを抑えるには?

信念のブレーキは、人それぞれ違うので無限にあるといえます。ですが、その本質はたった1つです。それは、痛いことから離れて、気持ちいいことに近づこうとするということです。これが分かれば、今まで自分が理解出来なかった人のことが分かるようになります。

たとえば、意味の分からないところで怒る人はいませんか?そういう人からすれば、そのタイミングで怒らないと心の痛みを感じることになるのでしょう。自分の感情が行動を作っているので、その行動を見てどういう感情を持っているのかが分かります。

こう考えると、自分の信念のブレーキを抑えるには、その信念はどういった感情によって突き動かされているのかを知ることです。たとえば、起業したいという理想があって、中々出来ずにいる場合、安定を失うのが怖いという気持ちがあるかもしれません。

その恐怖心、不安、失敗した時に周りから見られる恥といった気持ちが強ければ、ブレーキも強く働きます。ですが、考えてみると、そうした気持ちはどこからやってくるのでしょうか。それは、過去です。過去に起こった出来事から、そうした考え方が生まれます。

起業が怖いという人は、昔、親か誰かに「安定が一番だ」とか「起業なんてバカなことはするな」といったことを教わったかもしれませんし、自分がわくわくすることをしたら怒られた人もいるかもしれません。

こうした誰かの思いが自分の思いになっている可能性があります。ですが、やはりそれは誰かの思いであって自分の思いではありません。他人の思いは手放して、自分の思いで生きられる人生が、理想の人生といえるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加