> 雑学 > 今のテレビはつまらない?そんなあなたと考える現在のテレビ業界

今のテレビはつまらない?そんなあなたと考える現在のテレビ業界

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.20

友人や同僚と話していると、たまにはテレビ番組の話になりでしょう。
その時に必ず飛び出すのは、「最近のテレビはつまらなくなった」というセリフです。

私はテレビの話題になる度に、いつ、誰がこのセリフを吐くのか、楽しみにしているくらいです。性格悪いですか?えぇ、そこは否定できません(笑)

数年前に比べるといくつかの変化があったことは事実です。しかし、実際、最近のテレビ業界は、本当につまらなくなったのでしょうか?ここではテレビ番組全般について語ってみたいと思います。

非難される最近のテレビ番組の特徴


まず始めに、「最近の~」で語られるテレビ番組の特徴をご紹介します。やはり一番の特徴は、毎週のように何本も放送される数時間スペシャルでしょう。

以前でしたら番組改編の時期に、たまにあったくらいでしたが、1時間で収まる内容を、2時間3時間と垂れ流されるのは、さすがに不満が出てくる人も多いでしょう。

また数年前から流行っているテロップの多用、あまりにも多すぎるCM、このあたりに不満を感じる人は多そうですね。

特にCMの入れ方は、悪意とすら感じられるものも少なくありません。昔の番組は15分に1回という、わかりやすいタイミングでCMに移ったものですが、最近は盛り上げておいて、「視聴者の皆さん、気になりますよね?」というタイミングで必ずCMに移りますからね。

本編を数分放送するだけでCM、というループを繰り返す番組も少なくないです。まぁ、テレビを観ているという極めて平和的な状況に、悪意もなにも無いのですが(笑)

しかし、よく考えてみよう!そもそもテレビなんてものは…

上記のような理由で、いろいろと最近のテレビに関して文句がある人は多いようです。

しかし、ですよ。私達、視聴者は無料でテレビを観ているのですよ。お金なんて掛かっていませんよね。せいぜい電気代くらいしか掛かっていないはずです。テレビ局側は、無料でいろいろなことを私達に届けてくれているのですよ。いわば、サービスみたいなものです。

そんなものに本気になって文句をつけること自体、間違っていると思いませんか?例えば、無料で配られているコーヒーが不味いとクレームをつけるようなものです。

そもそもテレビに過度な期待をすること自体がおかしいのです。本来ならば、テレビ局側は延々とCMだけやっていたいはずですよね。

それなのに、どれだけチープな内容であろうと、番組を作ってくれるのですから、私達は感謝すらしても、文句を言う筋合いはないのです。

テレビ離れと言われ続けてはいるが、実はそうでもない

数年前から、娯楽の幅が広がった為、世間のテレビ離れが進んでいる、と言われています。しかしこれは若年層に限ったことでしょう。

また、深夜アニメや有料チャンネルに関しては、数年前よりはずっと多くの人の興味を惹くことに成功しているはずです。

結局、つまらなくなった、テレビ離れが進んだ、と言われているのは、夕方から夜にかけてのゴールデンタイムについて、しかも限られた年齢層に対してだけ、の問題と言えそうです。まだまだテレビが娯楽のメインという人は多いのです。

最近のテレビがつまらなくなった!と感じる人へ

それでも視聴をする以上、もっと面白い番組を観たい!と思うのは人の常ですね。では、何故、最近のテレビがつまらなくなったのでしょうか?実は答えは簡単なのですよ。

あなたが、様々な経験を積んで大人になってしまった、というのが一番の理由でしょう。

もう一つ、過去の思い出が美化されている、ということも付け加えておきましょう。

最近のテレビがつまらなくなった、と考える人は、昔の番組は面白かった、と考えていると思いますが、実際に今、昔の番組を観たとしても大して面白くないんですよ。

「あれ?こんなんだったっけ?」と、がっかりさせられるパターンがほとんどです。個人的には立証済みですし、周囲にも同じ経験をした人は多数います。面白かったのは、あの時のあなたが、あの時代に観たから面白かったと感じるにすぎないのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加