> 雑学 > なぜ、宝くじに当たってもほとんどの人が自己破産をするのか?

なぜ、宝くじに当たってもほとんどの人が自己破産をするのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.18

宝くじに当たっても幸せになる人ばかりだと思いますか?宝くじは誰もが憧れる、一度当たってしまうと一生仕事をせずに暮らせて自分の好きなことばかり出来ると思われがちですが、そう上手くいく人は少ないようです。お金は紙と金属のただのもの以上の力を持っているようです。

ほとんどの人が自己破産する理由とは?

これは、億単位の金額を得ている人にとても多く、海外でも何十億円と当たっても自己破産してしまう人がいます。そう聞くと「その人たちは使い方が悪いだけで自分なら大丈夫」と思う人もいるかもしれませんが、宝くじに当たった人のほとんどがそう思っているのではないでしょうか。

当たる前は誰もが夢を膨らませていますが、当たってしまうと意外にも辛い現実が待っていることにもなりかねません。なぜなら、今までの現実と全く違った現実になるからです。

これは、心理面に強い影響がいきます。人間は現状を維持する機能があります。それはお金にも当てはまり「自分の収入はこれくらいがちょうどいい」というラインは誰しも無意識的に持っています。

そのラインの居心地が悪ければ、ゆっくりとでも自分にあった収入を得る方法を考えたり編み出したりします。つまり、何億円の宝くじに当たったとしても「自分の収入は何百万円がちょうどいい」というセルフイメージだと、何億円を持っていることに居心地の悪さを感じます。

そして、その感情が強いほどそのお金を自分からなくそうと気持ちが働きます。この力はダイエットが上手くいかない人を見れば分かりますが、とても強いです。ダイエットが続かなかったり禁煙が続かないなど、辛い気持ちに勝てないのです。

なので、ほとんどの人が宝くじに当たってもその居心地の悪さから、誰かに取られるんじゃないか、盗まれるんじゃないか、という気持ちからにこにこして近寄ってくる人を信用できなくなったり、怖いから使ってしまって、その習慣がつくと中々とれず、今度は全部使い終わっても今まで使ってきた額を使いたくなります。なので、自己破産するほど借金をしたりしてしまいます。

自己破産だけならまだいい

このように、自己破産する理由は今まで自分が使っていた額以上のお金を使い続けることによって、その習慣が身についてしまうことで起こってしまいます。たとえ何百万円借りたとしても、億円を持っていた人にしてみると大したことはないように感じます。

ですが、それだけのお金を収入として稼げればの話になります。宝くじのお金がなくなると少ない収入に戻るので、欲求不満が襲ってきます。ですが、それによる自己破産だけならまだいいかもしれません。

今まで自分の仲の良かった人までも疑ってみるようになり、お金が全部なくなったと同時に友達もいなくなったという人も少なくありません。

これはお金に執着する人ほど仕方のないことに感じますが、逆にお金で友達を得ようとする人にとってもお金がなくなったと同時に友達がなくなるということにもなるでしょう。このように、人間関係まで崩壊させてしまう力を持っているといえます。

自分の感情を上手く使う

このように、軽い気持ちで宝くじに当たってしまうと、その膨大なエネルギーに振り回されることになり、自分の感情を宝くじの思いのままに振り回されることになります。これは、飼っている馬に振り回されるか自分で操るかということに似ています。

お金の問題で悲惨な事件は日々起こっていることで、それだけ安易に大金が手に入ることによって起こるデメリットにも目をむけておきましょう。

では、どうすれば宝くじが当たっても幸せな生活が出来るでしょうか。それは、自分の感情の動きをマスターすることです。宝くじが当たることによって自分の現状が変わってしまうという人は、ほぼ必ず気持ちの変化が起こります。

それも、今までの自分の現状の戻そうとするため、大抵はネガティブな気持ち、疑いや不安、恐怖などがやってきます。そういった感情のままに動いてしまうと人間関係の崩壊や自己破産につながるので、そういった感情を感じた時にいったん立ち止まって、じっと感じるようにしてみてください。

すると、感情というのは1分しないうちになくなります。そのように、自分の感情と向き合うことで振り回されることがなくなります。そして、どのように使えば将来的に一番ベストかということを考えましょう。

プランなく使ってしまうと「こんなに使っても大丈夫」という癖がつくと宝くじがなくなってからもその癖が抜けません。それだけ収入があるならいいですが、そういう人は宝くじが当たってもそんなに現状が変わることではないので、強い変化は起こりません。人生を良くするのも悪くするのも自分の感情を上手く使いこなすことにかかっているようです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加