> 雑学 > 話題の酸素カプセルで集中リラックス!高気圧酸素の効能ご紹介!

話題の酸素カプセルで集中リラックス!高気圧酸素の効能ご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.08.31

ストレスは社会に溢れている

慢性的な疲労やストレスでお悩みではありませんか?「昨日は取引先の接待で遅くまで酒を飲みすぎた・・・」「会社で大きなミスをしてしまった・・・」「彼女にフラレた・・・」等々、社会で戦う男であれば、誰もが通る道でしょう。

特に最近ではストレスを溜め込む方も多く、「欝病」や「パニック障害」等になる例も年々増える一方です。ストレス解消にパチンコや競馬をして、大負けをして更にストレスを溜めて帰って来る方も大勢いると思います・・・。

この「マイナススパイラル」を断ち切るのが「酸素カプセル」です!

酸素カプセルとは

名前は知っているという方は多数いらっしゃると思いますが、経験をした事が無いという方も多数いらっしゃると思います。

近年では各種トップアスリートやオリンピック選手、有名人が使用して一気に知名度も上がりました。しかし、この「高気圧酸素」による治療というは300年以上の歴史を持つ治療法だったのです!

メカニズムとしては、体内にある2種類の酸素のうち赤血球と結びつき運ばれる酸素と、そのまま血液内に取り込まれる酸素があり、前者の酸素は赤血球と結びついている分、酸素のサイズが大きくなってしまい、毛細血管やコレステロールで細くなった血管は通りにくくなり、結果として「酸素不足」を起こしてしまいます。

ここで、「気圧の上昇に比例して液体に溶け込む量が増える」という科学的な法則を利用したものが、「酸素カプセル」という物なのです。

この法則の下、カプセル中の気圧を上げれば血液の中に溶け込む酸素が増えるので、毛細血管の隅々にまで新鮮な酸素が行き渡り、結果として「疲労回復」や「だるさの改善」の他、眼精疲労の改善、脂肪燃焼効果、怪我や病気の治癒スピードを上げる等、全身にくまなくプラス効果を期待する事ができます。

実際に筆者が試してみました

「論より証拠」という言葉があるように、持病持ちの筆者が実際に体験してみました!

まず、カプセルへ入る前に「閉所恐怖症」や「空間不安障害」をお持ちの方は必ず施設の担当者に相談しておきましょう。気圧も調節可能な機種が多いので、初めての方や不安のある方は、同様に担当者へ報告しておきましょう。

また、急に具合が悪くなった場合も、カプセル外との通信が可能ですからご安心ください。

起動後、気圧の変化で直ぐに耳が「キーーン」としてきます。飛行機や山に登った時の「アレ」と同じ現象だとお考えください。水泳の水抜きの要領でこの不快感は収まります。それでもダメな場合は唾を飲む等で回避してみてください。(大抵の場所は説明があります)

その後は、これも気圧の変化により、カプセル内が暑くなってきます。ミニ扇風機が付いている事が多いので積極的に使いましょう。

後は「とにかくリラックス」するだけです!本を読んでいても良いし、爆睡をしていても良いし、自由に数十分~数時間を過ごしましょう。

1度目は緊張感もあり、あまり効果が分かりませんでしたが、2回目以降は、カプセルを出た瞬間から「スッキリ感」と「身体の軽さ」を感じました。仕事明けでしたが、眠気も吹っ飛びました!(全て筆者の体感です)

しっかり選びましょう

定期的に入る方が効果がより一層実感できます。しかし、唯一の弱点として、「値段が高い」という点があります。

基本的には保険適用外となりますので、一時間で数千円というのが相場ですが、「治療とセットだと安く使用する事ができる」「回数券を作り一回分の治療費が割安になる」等、施設によってはお得に酸素カプセルを使用する事ができますので、お住まいの地域で設置している施設を探し、一番自分にあったパターンを選んでから入る事をお勧めします。

これから「酸素カプセル」を設置する施設は増えてくる事は間違い無いでしょう。古くに生まれ、時代の最先端の装置である酸素カプセルを利用し、日々元気ハツラツに過ごしましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加