> 雑学 > ピンチのとき チャンスのとき ギアチェンジできる強さを持とう~前編~

ピンチのとき チャンスのとき ギアチェンジできる強さを持とう~前編~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.17

人間は誰もがみな、人生のどこかでピンチもチャンスも訪れるものです。あなたは、ここぞというときに自分の能力を存分に発揮できるタイプでしょうか。

肝心なとき、その後の人生を左右するような重要な局面で、自分の持てる能力を発揮して望んだ結果を手に入れるには、強いメンタリティを持っていることが大切です。

スポーツの世界では時に強力なメンタリティを持った選手が現れます。日本人の中ではイチロー、本田圭佑、田中将大、錦織圭、吉田沙保里といった選手たちはとりわけ大舞台に強い選手としても有名です。

彼等は大きな舞台や勝敗を左右する重要な局面で、普段よりもさらにギアを上げていつも以上に力を発揮し、勝利につながるビッグプレーを実現します。

プレッシャーのかかる場面で、大舞台で、彼等は普段にも増して強く輝きを放ちます。「スター」と言われる所以はその輝きののことなのかもしれません。

彼等の持つ強烈なメンタリティは一体どこからきているのでしょうか。そしてどのように作り上げられたのでしょうか。

メディアを通じて伝わってくる彼等のプレーやコメントはとても興味深いものです。彼らも我々と同じようにプレッシャーを感じて試合に臨んでいることが分かります。

そして我々と同じことで悩み苦しんでいる姿に親近感を覚えて、彼等のファンになる方も多いのではないでしょうか。

それでも彼等は強いメンタリティを身に付けている。「強い星の下に生まれた」のかもしれませんが、生まれたときからメンタルが強い人間などいません。彼等は注目される中で、人に見られる中で自分自身の強さを磨き育ててきたのです。

コメントなどから推し量ることしかできませんが、彼らが強いメンタリティを持つに至った過程には、いくつかの共通点を見出すことができます。

①明確な目標を言葉にしている。

ワールドカップで優勝する。日本シリーズで優勝する。四大大会で優勝する。世界選手権で、オリンピックで優勝する。テレビや新聞、ネットを通じて多くの人に自分の目標を公言しています。

彼らは皆、自分の目標をハッキリと口にします。それは退路を断つ勇気と覚悟のいる行動です。達成できなかったときには非難をされるでしょう。彼らは自らにプレッシャーを与え、その重圧の中で結果を出すためのトレーニングを重ねていくのです。

明確な目標意識とそれを言葉にする覚悟、そして常にプレッシャーの中に身を置いたトレーニングが、彼等を大舞台で活躍せしめる強いメンタリティを作り上げる要因のひとつだといえます。

~後編に続く~

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加