> 雑学 > 人の話を聞かない人といわれない為に。覚えておきたい3つのタブー

人の話を聞かない人といわれない為に。覚えておきたい3つのタブー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.03.27

人の話を聞かない。このような評価をされてしまうことにメリットはなにもありません。人の話を聞かないと仕事でもプライベートでも様々なトラブルの原因につながるでしょう。ここでは、人の話を聞くうえで守るべき3つのルールについて紹介していきます。

1.イライラした様子をみせない

人によって話のペースは違います。筋がとおった正確で分かりやすい話は冷静に聞けても、話があっちこっちにとんだり、話の核心が見えてこないしゃべり方をされると冷静に聞けなくなることも多いでしょう。

話下手の人に対してイライラして、腕組をしたり、貧乏ゆすりをしたりするの控えましょう。このような態度をとることによって相手はは萎縮してしまい余計に会話が混乱してしまいます。

2.相手を責めたり、非難したり、決め付けない

例えばあなたが部下に何らかの指示をしたとします。その後部下があなたの指示を守らなかったときにはどうしますか?おそらくほとんどの人が部下を責めたり、非難したり、無能だと決め付けるのではないでしょうか。

人は感情で動くことが多いので、自分の指示を守らなかったことに対してカッとなりがちです。このような場合でもまずは相手の言い分を聞きましょう。実はその後にもっと上の人間から別の指示がでていたり、お客からの要望であなたの指示を守れなかった可能性もあります。

職務怠慢であればしっかりと叱る必要がありますが、話しを聞かずに頭ごなしに怒る行動は部下の不興を買いお互いに有益な結果をもたらしません。

3.話を聞き終わる前にアドバイスをしない

人から相談を受けるとついついアドバイスをしてしまいがちです。親切心から出たアドバイスに悪意はないかもしれませんが、いきなりのアドバイスはおすすめできません。

例えば転職や独立をしようと考えている友人に相談を受けたときに「今は不景気だから止めておけ」というアドバイスを送っていたりしていませんか?

相談する側はありきたりのアドバイスを受けたいのではなく、自分の考えを聞いてもらいからあなたに相談するのです。アドバイスをしたいと思っても、まずは相手の考えを全て聞いてからするようにしましょう。

上記を参考にして、職場の人間や友人と話すときにはしっかりと相手の話に耳を傾けて円滑な会話を楽しんでください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加