> 雑学 > 悩み事や考え事をする時は一晩寝てから!最も適した時間帯とは?

悩み事や考え事をする時は一晩寝てから!最も適した時間帯とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.16

あなたは、悩み事や何かを決めたりしないといけない場合、夜にいろいろと考えているのではないでしょうか。ですが、夜は悩み事や考え事に最も適さない時間と言われています。考え事をするなら、夜ではなく朝になってからの方が、適切な解決方法が思い浮かんだり、悩みを軽くすることができます。

夜は考え事をするのに適さない理由

夜、特に寝る前になると、翌日のことが不安になってしまったりして余計な悩み事を思い出したりしてしまうということはないでしょうか。もしくは、重要な決断をしないといけない場面を思い出したりして、目が冴えてしまったりした経験をしたことがある人もいるでしょう。

夜によく悩み事や考え事をしてしまうと言う人は、もしかしたら不眠症や睡眠不足になっているかもしれません。あるいは、いまはそういった症状が出ていなくても、後から症状が出てくるということも考えられます。

夜に考え事をすると、どうしても「時間はまだある」と思いがちになり、ダラダラと考えを巡らせてしまいます。このダラダラこそが、不眠などの原因になったりします。また、夜は1日の終わりで脳も身体も疲れ切っています。そういった状態の時に解決策や重要な決断、名案が思い浮かぶ可能性は少ないでしょう。

さらに夜は昼間よりも誘惑が多く、その誘惑に負けやすい時間帯です。ついつい気分転換と思って始めたネットサーフィンやゲームが1時間以上経っていたという経験をしたことはありませんか?

夜は思考を妨害する“ノイズ”が多くあるので悩み事や考え事に適さないどころか、より難しい方向に考えてしまったり、考えがまとまらなかったりして、問題が複雑化したり、睡眠時間が短くなってしまって身体を壊してしまうことになります。では、悩み事や考え事はどう対処すればいいのでしょうか?

悩み事や考え事は一晩寝かせてしまう

悩み事や考え事をするときは、朝が最適です。なるべく早朝がいいでしょう。早朝は誰も邪魔する人はいませんし、誘惑も少ないものです。朝なら、必ず会社に出社したりしないといけないので、「時間はたくさんある」という意識はなくなるり、一定の時間で答えを出そうと頭を働かせます。

また、朝なら夜よりも頭はスッキリとしているので、何かを決断したりアイデアを出したりするのには最適です。いまの自分にとって最良の判断をしたり、次の仕事に活かせるアイデアを思いつくかもしれません。朝は夜よりも頭を働かせやすく、名案が思いつく確率が高くなると言えます。

夜に悩み事や考え事をすると、不安感や思考で目が覚めてしまい、うまく眠れないかもしれませんが、「頭を使うことは朝にしよう」と思えば、リラックスして睡眠をとることができます。よく、「一晩寝かせる」という表現がありますが、それは悩み事や考え事にも有効です。

悩み事なら、一晩寝かせた後は「そこまで大したことない悩みだった」と思ったり、何かを決断する時も夜よりも朝の方が頭はスッキリとしているので、一番いい選択をしやすくなります。

悩み事をしたり、何かを決断する時は夜ではなく、朝にやったほうがいい結果を生むことが多くなります。どうしても、夜になってから悩みから不安になったり、考え事をしてしまいそうになったら「明日の朝になれば、どうにかなるさ」と気楽に構えて素直に寝てしまいましょう。

気持ちもリラックスして、自分を客観的に見たり、判断できる状態の方がよりよい判断をすることができます。悩み事や考え事は朝にするのがいいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加