> 雑学 > イライラしている時の判断ではココに気をつけないと後悔しますよ!

イライラしている時の判断ではココに気をつけないと後悔しますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.25

イライラしている時にしないほうがいい事とは

いろんな嫌な事や不快な事が続いてしまう日ですと、誰でもついイライラしてしまうかと思います。イライラするのはよくないとわかっていても、感情がありますので仕方がない事なのかもしれません。

しかし、イライラしている時にはなるべく避けたほうがいい事がありますので、その点に注意が必要といえます。

まず、イライラしている時には、あまり大きな事案の決断はやめておいたほうが無難でしょう。

あたり前ですが、イライラしているという事は冷静な判断に欠けている場合が多いですので、感情にまかせてつい判断を下しがちになってしまうからです。

イライラがおさまってから、しまった!という経験のある人も少なくはないかと思います。時間が許すならば、イライラがおさまるまで待ったほうが無難といえるでしょう。

時間が許さないという場合には、他の人の意見も聞いてからだと気分が落ち着くという場合もあります。

イライラしている時には言動にも要注意です

次に、イライラしている時には、人に対する批判や感想はなるべく避けたほうがいいでしょう。

感情的にイライラしている時ですと、どうしても気分的に人を許せるという状態とは程遠い場合が多いですので、思いっきり失言をしてしまう可能性も高くなるからです。

失言の最中にはスカッとするかもしれませんが、落ち着いてから言い過ぎた!と思っても後の祭りとなってしまいますし、一度くちに出してしまった言葉は元に戻すことはできませんからね。

イライラした時ほど、何か言ってスッキリしたいという気持ちもあるでしょうが、だんまりを決めこんでいたほうが後々も無難でしょう。

素早くイライラ解消に努めましょう

あとは、イライラしていてもろくな事はありませんので、なるべく早くイライラを沈める努力をしたほうがよいでしょう。

イライラを沈められるかどうかは、人によって差があるでしょうが、ガムを噛んでみるというのもよいそうです。煙草を吸う人でしたら、煙草でも1本吸ってみるのもよいかもしれません。

その際には、あまりイライラの原因を考えないほうがよいでしょう。

しかし、イライラの原因を人に話すことによって、気分が落ち着くという場合もありますので、言って大丈夫な話かという事と、話す相手を言っても大丈夫な人かよく選ぶようにしましょう。

一瞬でイライラを消すという方法はなかなかありませんので、なるべくなら少し時間作って落ち着ける場所を探して、そこでイライラを消すという方法を試したほうがよいでしょう。

決してイライラするからといって、人や物にあたらないようにしないと、後から後悔で今度はションボリとなってしまうので気をつけましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加