> 雑学 > アイデアを生み出す時に気をつけたい10の事

アイデアを生み出す時に気をつけたい10の事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.14

アイデアを生み出すために気をつけたい事

今までは、そこまで重要視されていなかったかもしれませんが、最近では「アイデアを重視した仕事」をする機会が増えたという人も多いのでは無いでしょうか。

何が流行るのか分からない時代だからこそ、あなたの頭にあるアイデアは、もしかすると爆発的なヒットを生む商品の断片かもしれません。そんな、アイデアを生み出すのに気をつけたい事を10個紹介します。

1.寝る

アイデア出しをしたり、何か考え事をするには集中力や思考力必要です。睡眠時間が削られてしまうと、集中力や思考力が低下してしまいます。

かといって、「たくさん寝ればいい」というわけではありません。夜はなるべくはやく寝て脳を休ませるようにします。集中力や思考力を存分に発揮するために、睡眠時間は最低でも6時間以上取るようにしましょう。

2.休憩を取る

睡眠と同じくらい休憩を取ることも大事です。長時間集中したりすると、脳は疲れてしまい、斬新なアイデアを生み出しにくくなります。休憩無しで何時間もアイデア出しするよりも、1時間に1回は10分以上の休憩を取ることで、適度に脳を休めるようにしましょう。

3.視点を変える

一つの方向からしか物事を見ないのは、アイデアを生み出す上では弊害になります。時には視点を変えて物事を見るようにしましょう。たとえば、男性向けの商品だったとしても女性視点や子供視点を持つことで、違う角度からのアプローチをした商品ができるかもしれません。

4.時間制限を設ける

ダラダラとやるのはアイデア出しにも非効率です。きちんと制限時間を設けて、「時間無いにアイデアを50個以上出す」など、アイデアをひねり出すようにすれば、時間ギリギリになってから良いアイデアが生まれるかもしれません。タイマーなどを使い、制限時間を設けてみましょう。

5.軽く汗を流す

アイデア出しをする時はデスクにかじりついて、同じ姿勢でやることが多いかもしれませんが、そうすると身体がつかれてしまうので軽く運動をして汗を流しましょう。汗を流すと気分もリフレッシュするので、気持ちも新たにアイデア出しに向かえます。

6.人と話をする

何かアイデアを思いついたら、どんどん人に話すようにしましょう。「人に話す」ということは、アイデアをキチンとまとまった形にして伝えなくてはいけません。アイデアを思いついたら、人に話すようにしましょう。

7.行ったことの無い店に入る

行ったことの無い店に入ると、新鮮な気持ちになります。アイデアを出すに当たって、画一的な考え方や刺激が無い生活をしていたら、10人並みの事しか思いつきません。気持ちの鮮度を上げておくことが重要です。気持ちの鮮度を上げるのに一番簡単な方法が入ったことのない店に行く事です。

8.アナログ作業をする

パソコンの真っ白なテキストにアイデアを打ち込んでいくのもアイデアを出す一つの方法かもしれませんが、時には紙やノートに手書きでアイデアを出してみましょう。脳のいつもは使わない部分が刺激されて、良いアイデアが生まれることもあります。デジタル作業に慣れている人はアナログ作業をしてみるといいでしょう。

9.読んだことのないジャンルの本を読む

いつも小説ばかり読むのなら、時にはビジネス書やノンフィクションを読んでみましょう。読んだことのないジャンルの本には、新鮮で刺激的な情報が満載です。「頭が硬くなっている」と自覚があるのなら、どんどん読んだことのないジャンルの本を手に取って読んでいきましょう。

いままで、自分が知らなかった情報を入手する事が出来るかもしれません。本屋へ立ち寄ったら、意識的に普段は読まないジャンルの書棚に足を運んでみましょう。

10.頭の中を空っぽにする

アイデアを出すのに「雑念」ほど邪魔になるものはありません。時には頭の中を空っぽにして、「雑念」を追い出してしまいましょう。ヘッドフォンをして音楽を聴いたり、瞑想をしたりして気分を落ち着けるのが効果的です。

新しいアイデアを生み出せるのはあなただけ

新しいアイデアはあなたの頭の片隅のほうで、ひっそりと息を潜めているかもしれません。その静かにくすぶっているアイデアの声に耳を傾けて、形として取り出すためにも紹介した10個の事をアイデア出しに活かしてみてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加