> 大人 > 童貞が捨てられず悩んでいるなら、まずは女性との友達関係の重視を

童貞が捨てられず悩んでいるなら、まずは女性との友達関係の重視を

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.06.21

童貞期の長期化

最近の若い世代は、”セックス離れ”が進んでいると言われていますね。むしろ、男女間でのややこしい人間関係を避け、性欲の発散は自慰で済ませた方が効率的…と言った考えなのだそうです。

アラサー手前の筆者としては、いや、全くもって、考えられない現状なのですが。いやでも確かに、思春期の不器用な男女関係ほど気を悩ませる物も、ありませんからね。

そのせいで、成人してある程度大人になっても、女性との関係への至り方が分からず、童貞を長引かせてしまう男性が、最近は増えて来ている様です。

いきなり”童貞を捨てる”事を目標としない

ハタチ中盤を過ぎても童貞のレッテルを抱えて生きる男性は、焦りを覚え出します。ですがそれこそが、さらなる長期化の原因でもあったりするので、気を付けましょう。

「童貞をいち早く捨てる為に、彼女を作らなければ。」この考え方は、自己中心的な接し方に繋がってしまいます。これでは女性の好感は得られません。それ以前にまず、意識すべき事があるのです。

Hする事も彼女を作る事も…

女性と深い関係になり、Hをしたり、お付き合いをしたりする。童貞の人からしてみれば、敷居の高い事にも感じられるかもしれません。

ですが、実際には違います。意識すべき事は、これらの関係もまた、”友達関係の延長である”と言う事です。なので、魅力的な女性がいるのであれば、まずはその女性とじっくりと、友達として仲良くなる事を心掛けてみましょう。

”付き合う”はただの口約束

友達関係が深まれば、その先にあるものこそが、Hであったりお付き合いと言う形式であったりです。

ですが、それらがあった所で、何か契約が交わされる訳でもなければ、名字が変わる訳でもありません。その時点でも、他人と他人に変わりは無いのです。

Hやお付き合いに憧れ過ぎて、神格化してはいけません。「一歩踏み込んだ関係=比較的仲の良い関係」と言う概念程度で、十分なのです。

余裕を持って接しましょう

「童貞」は、自己申告制ではありません。仮にそうでも、別に経験のある体で接しても、何の法律違反でも無いのです。

あたかも女性との経験のある様な、余裕のある振る舞いで女性と接すると良いでしょう。すると女性も、安心してあなたに心を開く事が出来ますよ。

「自然な流れでそうなった」のエピソードを実感!

慌ててはいけません。まずは同性の友達と接するのと同じ様に、ワンステップワンステップ、仲を深めて行く事を心掛けましょう。

すると、その時は自然な流れで訪れます。交わった男女が、そのきっかけについて「自然な流れでそうなった」なんてエピソードを話すケースが良くありますが、これによりあなたも身をもって、「なるほど」と、その感覚を体感出来る日がやって来る事でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加