> お金を借りる > 借金を無視しても無駄!債権回収から逃げられない仕組みとは

借金を無視しても無駄!債権回収から逃げられない仕組みとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.14

ちょっと気になることってありますよね。本当は駄目だけど、やってみたらどうなるんだろうなーって(笑)

そういうことの一つに、借金を無視したらどうなるのかということがあると思いませんか?借りたお金は返さないといけない。なるほど。その通りです。

しかしもし返済を無視してずーっとほっといたらどうなるんでしょう?もしかしてお金を返さずに済んだりするんでしょうか?

踏み倒し不可能!借金無視は厳禁です

借金を無視すれば返済せずに済む?そんなわけありませんよね(笑) 残念なことですが、自分一人知らぬ存ぜぬを決め込んでも、自分の名義で借金を組んだ以上、請求や取り立てはいくらでもやってきます。踏み倒しなんて不可能ですよ。

というわけで、借金を無視しても意味はありません。借りたお金は返す。必ず守るようにしてください。

ちなみに、ただの好奇心で借金を無視したらどうなるのかなーと言っている人はまだいいのですが、お金を返そうにもお金がなくてどうしようもなく、結局借金返済を無視しているという笑えない状況の人も一定数おられます。

借金を無視したって回収を相手が諦めてくれるわけではありません。お金がないのに突き上げられてかなり苦しい状況になりますから、十分に気をつけてください。

借りた以上は絶対に自分で返さないといけないのです。つまり、自力で返せそうにないお金は借りない。これが鉄則ですよ!

借金を無視したらどうなるのか?

借金を一人で勝手に無視しても踏み倒しは不可能ということをお話しましたが、もし返済を拒んで放っておいたら具体的にどうなるんでしょうか?

借金取り立ての初期段階は督促状や電話連絡、もしかしたら取り立て人の訪問もあるかもしれません。しかしこれらのいずれもまだ対応としては軽い方です。

自分が無視しようと思えば無視できますよね?督促状は破って捨てればいいですし、電話も無視していればいいだけ。取り立て人が来たって居留守を使えばいい。これらの対応は無視しようと決めれば無視できるものです。

まるでこのまま無視していれば借金を踏み倒せそうな勢いですが、そうはいきません。これらはまだ軽い対応なので無視を決め込めるだけです。これらの対応で借金を払ってもらえなかったら、次はいよいよ本腰を入れた対応が取られます。

一言で言うと、裁判沙汰です。普通に訴えられます。まあ、当たり前ですよね。契約もマナーも全部ぶっちぎって借金を返さずに無視を決め込んでいるんですから。どちらに非があるかは明らかすぎて考えるまでもありません。

ゴネ続けても最後は差し押さえによってケリをつけられてしまうだけです。一人で無視したって借金を踏み倒せるわけはないのですね。

借入は便利だが、問題児には厳しい

最近はキャッシングやカードローンという気軽に使える借入サービスも登場しており、気軽に使って欲しいという意図が見られます。金融機関側も気軽に使ってもらうのは大歓迎してくれますが、それはあくまでちゃんとサービスを使ってくれる人だけ。

ちゃんとサービスを使ってくれない人、すなわちお金は借りるけど返してはくれない人。そういう人はお断りですし、すでに滞納状態にある人には容赦なく厳しい対応を取ります。

便利だからといって誰でもウェルカムというわけではありませんから気をつけてください。もちろんちゃんとサービスを使ってくれる人にはいくらでも親切にサービスを提供してくれますよ。ちゃんと使える人は安心して使ってください!

このエントリーをはてなブックマークに追加