> お金を借りる > 借金あっても問題ナシ!?借入の利用をためらうべきでない理由!

借金あっても問題ナシ!?借入の利用をためらうべきでない理由!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.25

借金があると何か問題があると思いますか?あるかないかで言えばない方が安心という面はありますが、借金があること自体が大問題というのも何か木を見て森を見ずといった印象があります。借金あっても問題なく暮らしている人は多数おられるからです。

お金を借りたいけど借金するのは気が引ける、と悩んでいる人には知っておいて欲しいことがあります。状況によっては利用をためらうべきでない場合だってあるんですよ!

借金がある?だからなんだよ?

繰り返しになりますが、借金があることって本当に問題なのでしょうか?もちろんお金を借りているわけですから、返していかないといけません。

毎月のお給料がでたら、その中から返済分のお金が無条件で飛んでいくわけです。残ったお金の中でやりくりしないといけないわけですね。

しかし、あえて言いましょう。「だからなんだよ?」と。給料が自分の手元に届くまでに、もしくは届いた後即座に、何らかの名目でお金が飛んでいくなんて現代人にとってそんなにおかしなことでしょうか?家賃の支払い、各社会保険料、通信費、水光熱…次々に飛んでいく名目はいくらでもあります。

借金があるというのは、これらの名目の中に「ローン返済」という名目が一つ加わるだけです。今さら一つ費用名目が増えたところで、それほど慌てることでしょうか?

毎月コツコツと返済していけばいつの間にやら返済も終わっていくもの。自分が立てた計画通りに返済が進んでいる限り何の問題もありません。

問題があるとしたら、それは一括返済を求められたようなケースですが、毎月ちゃんと返済している限り、一括返済なんてそう求められることはありません。感覚的には自分が借金をしていることを忘れられることも多いと思います。

借金をしている人、実はかなり多い!?

借金というと大袈裟なようでいて、実は借金をしている人はかなりの数に上ります。現代社会で生きていてまったく何の借金もしないで生きている人の方が少数派と言ってもよいかもしれません。

たとえば住宅ローン。住宅を一括で購入できる人はかなり少ないですね。同じく車。必要に迫られてローンで買ったという人も多いでしょう。

ちょっとお金が足りないときに役立つキャッシング。少額なのですぐに返済が終わることも多いでしょう。クレジットカードの一括払いだって借金に他なりません。

これらのどれの利用もしてない、クレジットカード一枚持っていないという人がいったいどれだけいるでしょうか?社会の一線で生きている人であればあるほど、こういう金融サービスのどれかは利用しているものです。

こういう現状にあってもまだ「借金はダメ!」と思いますか?

問題なのは「返せない借金」

しかし借金によって身持ちを崩す人がいるのも事実。ダメな借金があるとしたら、それはどういうものでしょうか?

それは「返せない借金」です。返せるアテもないのに高額のお金を借り入れる。行き当たりばったりで無駄な借金を積み重ねる。無計画にお金を借りる…。

このような行為によって作った借金が自分が返せる範囲を超えてしまっていると、それは確かに「ダメな借金」と言わざるをえません。こういう借金の利用をしていると人間性を疑われることもあります。

さらに、このようなダメな借金をしてしまうと、借金を返すために借金するという底なし沼にハマり込むきっかけにもなります。これは確かに避けるべき状況と言って間違いはありません。

ただ、これが極端なケースであることはわかりますね?大半の人はこのような極端な利用はやっていません。借りたお金はちゃんと返している人が大半ですし、無理のない利用のため、あえて少額キャッシングに絞って利用をしている人も大勢います。

借金も要は使い方なのです。ダメな借金をしない限り、借金の利用に問題はありません。借金は賢く上手に使ってみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加