> お金を借りる > 親が背負うことの多い子供の借金!それが嫌ならこの方法がお勧め

親が背負うことの多い子供の借金!それが嫌ならこの方法がお勧め

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.13

借金するとき、返せなかったとしたら…というのは誰しもの頭をよぎる不安だと思います。万が一返せなかったとしたら、どうなるのでしょう?

借金できるのは成人だけですから保護者がいるわけではありません。それでも「子供の借金」は親が背負うという形で、親に請求がいってしまうのではないかと不安がる人が少なくありません。もしこのような心配をしている人がいれば、今回のお話をよく確認しておいてください。

債務は本人だけのもの

子供の借金の請求が親にいくというのは、ありそうな話だと思いませんか?いくつになっても、困ったときは親の方に話がいくのはよくあること。借金も返しきれなかったとしたら親に請求がいくというのも、そこまで不自然な話のようには思えないかもしれません。

しかし、借金をするときには借金の原則というものを知っておきましょう。確かに子供の借金がつまづいたとき、親の方に返済の相談がいくケースというのはないわけではありません。

ただ、ありえるとしたらその程度であり、「親である」ということを理由に子供の借金の請求が完璧に親の方に行くというのは基本的にあり得ないことです。

なぜなら、借金というのは作った本人が背負うのが原則です。家族だからとか親子だからとかいう理由で勝手に請求相手が変わったりはしないのです。

ゆえに、子供の借金を親が背負うというのは、ありそうな話だけど基本的にはありえないことなのです。

他人の借金を背負うのは保証人の役目

借金返せなかったとき、その借金を誰か別の人が背負うことがありえるとしたら、保証人だと言っておきましょう。借金の返済がつまったとき、そのときこそ保証人の出番なのです。

多くの説明の必要はありませんね。もし借金が返せなかったとき、即貸し倒れとならないように、債務者の代わりに返済をやってくれる人を決めておくのは常識的な話です。

それこそが保証人。返済がもし詰まったとしたら、そのときは保証人の方に請求がいくことになります。保証人はそういうときのための相手なのですから、保証人が債務者の代わりに借金を背負うことを拒むことはできません。

ではここである可能性を考えてみましょう。もし親が子供の借金の保証人になっていたとしたら…?そのときは、保証人として親が子供の借金を背負うということがありえます。

もちろん「親だから」という理由で子供の借金を背負うのではなく、「保証人だから」という理由で返済を肩代わりしていくことになります。

親に迷惑をかけたくないなら

子供の借金を親が背負うケースがあるとしたら、こういうケースです。親が子供の借金を背負うというケースはそこそこ見られるものですが、その理由はこういうわけです。親が子供の借金の保証人になっているケースが多いのですね。

では親に迷惑をかけたくないなら親に借金の保証人を頼まなければいいということになりますね。そうすれば親に請求がいくことはなくなります。

しかし、実はそれが難しいケースがあるのです。親子くらいのつながりがないと、なかなか他人の借金を背負おうという人は少ないのが現実ですからね。

保証人は誰でもいいのではなく、基本的に親が求められるというケースがあるのです。保証人を求められたら、すなわち親に頼まないといけないということが往々にしてあるのですね。

つまり親に借金の請求がいく可能性をなくしたいなら、そもそも保証人を求められない借金をチョイスすべきと言えるでしょう。

そんな都合のいいサービスが?と思えるでしょうが、ちょうどよいものがあります。キャッシングを選びましょう。キャッシングなら基本的に保証人なしで利用することができます。親に借金の請求がいく可能性をなくせますのでお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加