> お金を借りる > 消費者金融を使うなら心得ておくべき、借金の影響

消費者金融を使うなら心得ておくべき、借金の影響

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.11

お金に困ったときに使われるサービスといえば「キャッシング」であり、それを提供している場所の一つが「消費者金融」です。

困ったときのために覚えておきたいものですが、消費者金融を利用したら何か不利益になることはあるか、というのは同時によく聞かれることです。消費者金融でキャッシングをしたときの影響について確認してみましょう。

消費者金融で借りる影響は?

消費者金融で借りたら、何か不利益はあるのでしょうか?

もちろんそんなことはありません。まともな消費者金融なら貸金業法という法律を守った上でキャッシングを提供されているでしょうから、それを利用することに法令違反といった雰囲気はありません。

ですので、まともな消費者金融で借りている以上は、特に後ろめたいことをしているということを気にする必要はないのです。

仮に消費者金融で借りたとしたら、日常生活を送る上で何か困ることがあるのでしょうか?基本的にそのようなことはありませんが、ごくごく特定の場面に限ってはマイナスになる可能性はあります。

それは自分の信用力が問われる場面など。そのときに限っては「消費者金融で借りた」ということが マイナスになるかもしれません。

消費者金融の借金の特徴

なぜ消費者金融の利用がマイナスになるのでしょう?消費者金融のキャッシングというのは、銀行に比べ少し金利が高いことが多いのです。

そのため、「新たに別のローンを組もうと思っているとき」など、改めて自分の返済能力が問われる場面になると、金利の高い借金を抱えているということでマイナス評価が大きくなる可能性はあります。

ただし、これは消費者金融で借りたから初めてマイナス評価になるという意味ではありません。

新たにローンを組もうと思っていたりすれば、たとえ借りたのが消費者金融ではなく銀行だったとしてもマイナス影響は受けるでしょう。そのマイナス分の振れ幅が消費者金融だと大きいかもしれない、ということなのです。

新たなローンを組まなければ問題ナシ

ところで、以上のような話は「消費者金融で借金をした上で、さらに別のローンを組もうと思ったら」というような条件付きの懸念であることはよく確認しておきたい点です。

現在、すでに借金がある状態でさらに別の借金を組もうと思ったら、多少条件が悪くなるのはごくごく常識的な話でしょう。マイナスの影響があるというのは少し言い過ぎというものかもしれません。

仮に消費者金融で借りていたとしても、その状態でさらに別の借金を作ろうなどと思わなかったら、特にマイナスの影響を気にする必要はないでしょう。

仮に別の借金を作りたいと思うことがあったとしても、一回借金を精算した上で次の借金を作ることを考えれば概ね問題はないと思います。

万が一消費者金融での借金を精算し終わらないうちに次の借金を作ろうと思ったとしても、消費者金融で借りた額が非常に少額であるのなら、次のキャッシング審査で受けるマイナス印象もそこまで大きなものにはなりません。

数万円程度のキャッシング利用なら、ほとんど影響はないと思ってよいかもしれません。

消費者金融を使うとき心得ておきたいのは、もし高額のキャッシングを消費者金融でしたとしたら、その借金を一度精算するまで別のキャッシングが難しくなるかもしれない、というごく常識的な注意点です。

それさえ押さえておけば、とくに消費者金融の利用で困ることはないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加