> お金を借りる > 避けるべき返済遅延、やってしまったとき知っておくと安心なこと

避けるべき返済遅延、やってしまったとき知っておくと安心なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.22

キャッシングとは従来の借入サービスのことです。このことはよく知っておくべきです。なぜなら、キャッシングは手頃に使えることが多いため、返済のことをよく考えずに適当に使う人が出てきやすいからです。

いくら従来のローンといったものよりは手頃に使えるとはいえ、それが借入であることには変わりありません。利用されるのはまったく構いませんが、利用した以上は必ず返済をきちんとやることが必須です。

当然、キャッシングを利用したときも返済遅延は絶対に避けるべきなのですが、うっかりミスもあるのが人間ですね。絶対やってはならないはずの返済遅延をやってしまったとしたらどうすべきでしょうか?

返済遅延をやってしまったら

お金を借りたときにもっともしてはならないご法度であるところの「滞納」をやってしまった場合、頭が真っ白になってしまう人もおられると思うのです。

普段そういうことを絶対にしないよう気をつけている真面目な人であれば、うっかりミスで滞納してしまったときのショックは大きなものがあると思います。

ですがやってしまったものはもうどうしようもありません。ただちにしかるべき対応を取るのが先決です。返済を一日でも滞納してしまったら、それだけでもうキャッシング利用者として失格の烙印を押されるわけではありませんのでご安心を。

うっかりミスは誰にでもありますからね。たった一回返済をミスしただけでキャッシングの提供を打ち切られたりはしません。

そのような厳しい対応が取られるのは長期の滞納をやってしまったときが主です。一日返済を滞納したくらいではまだ傷は浅いですから、すぐに返済することが肝要。

返済期日を過ぎたとしても、別に返済を受け取ってもらえなくなるわけではありません。取り急ぎ返済手続きを取れば、普通に受け取ってもらえます。

期日を過ぎたということで損害遅延金といった罰則金は課せられてしまいますが、一日遅延した程度ではそこまで深刻な額にもなりません。ただちに返済をしてしまいましょう。

滞納の実績、短期なら問題ない?

さて、キャッシング関連の話で「滞納は避けるべき」と言われるのは、その滞納実績が尾を引くからというのが主な理由ですね。

滞納をするような人はキャッシングの利用者として相応しくないと言われるのはその通りなのです。キャッシングは期日までにきちんとお金を返せる人が利用するものという面は確かにあるのですね。

滞納したのをきっかけにキャッシング関連のサービスを一切利用できなくなってしまったという人もおられます。

常識的に考えてやむを得ない話ですが、うっかり滞納してしまった人にとっては決して笑えない話だと思います。たった一日でも滞納してしまうと、その影響は残ってしまうものなのでしょうか?

いえ、実はそうとも限りません。滞納したときの厳しい対応というのは、たいていは何か月も滞納してしまったというような「長期滞納」であるケースが多いのです。たった一日遅延した程度でそこまで深刻な影響が残るという話はあまり聞かれません。

すぐに返済しきってしまえば後々に影響が残るということもありません。滞納が短期のうちにすぐ返済してしまうことを強くお勧めします。

ちなみに、短期間のうちに返せる見込みはあるものの、返済までにまだもう少しだけ時間が欲しいということもあると思います。そのときは金融機関に自分から連絡をしておきましょう。

滞納が長引くのはたった一日でもあまりよいことではありませんが、いつ返済ができるかということをきちんと伝えていればまだ印象は悪くありません。

金融機関側から先に連絡が来た場合、その連絡には必ず応じるようにしてください。連絡がつかなくなるのがもっとも悪印象を与えます。連絡にだけは必ず応じてください。

二度目の滞納にはこれまで以上の注意を!

滞納してしまってもなんとか短期の滞納で食い止めることができたら、あとは普段通りにキャッシングを利用することが可能です。

ただし、これまでにはなかった注意点ができていることに留意しましょう。もとから滞納は可能な限り避けるべきことですが、一度でも短期の滞納をやってしまったら、二度目からはもう短期の滞納ですらもこれまで以上に避けるよう努力してください。

一度だけならそれほど悪印象ではない短期滞納も何度も繰り返すとやはり「キャッシング利用者としてふさわしくない」という烙印を押されかねません。一度そういう烙印を押され信用を失くしてしまった場合、キャッシングを利用するのが難しくなってしまいます。

うっかりミスがあるのが人間とはいえ、何度もうっかりミスをやらないよう注意をお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加