> お金を借りる > 「使わずにカードローン解約した」もアリ!意外過ぎる使い方とは

「使わずにカードローン解約した」もアリ!意外過ぎる使い方とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.16

カードローンを契約したらどうやって使うのがいいと思いますか?せっかくカードローンを契約したんですから、必要に応じてお金を借りるというのがいいんじゃないかと思えますよね?

もちろんその通りですが、別の使い方もあります。なんと一切サービスを使わずにカードローン解約したという使い方をした人もおられます。一見すると理解に苦しむ話ですが、これは一体どういうことなのかご説明しましょう。

使わずに解約しても全然OK!?

そもそもカードローンを契約しておきながら使わずに解約するというのはマナーとしてどうなのでしょうか?相手の手間を取ってわざわざ契約したんですから、多少は使用しないとまずいんじゃないのと思える人もおられると思います。

ですが、カードローンというのは別に使わなくても構わないサービスです。その結果、一度も使わずにサービスを解約することになっても問題はありません。

カードローンというのは契約時に「最大で借りれる額」を決めておくだけであり、その後実際に使うかどうかは利用者の自由です。

最大額まで借りてもいいですし、そこまではいかない額をいくらか借りてもいいですし、一切借りなくてもいいわけです。この自由度こそがカードローンの特徴であり魅力なのですよ。

「カードローンを使わない」使い方とは一体!?

しかし、簡単とはいえ審査を通過しないことにはカードローンは使えません。これに落ちて泣きを見る人もいる中、わざわざ審査を通過し、手続きまでやってカードローンをゲットしておきながら使わないとは一体どういうことでしょう?

それって何か意味あったの?と感じる人が多いかもしれません(笑)

確かにカードローンを全く使わないなんて意味が分からないようですが、これもまた悪くない使い方の一つ。カードローンというサービスが持つ隠れた魅力でもありますからぜひ知っておいてほしいですね。

カードローンを一回も使わなかったというのは単なる結果論でしかないではありませんか。もしかしたら、何かのきっかけで使ったかもしれません。逆に、カードローンを使った人だって少し状況が違えば一度も使うことなく解約していたかもしれません。

何が言いたいのかというと「借りようと思えばいつでも借りれる」という状況が作れるのがカードローンだということです。お金が必要になる事情が出ればカードローンで借りればいいし、そうでない限りは借りる必要はないわけですね。

カードローンは一度契約しておけばスムーズにお金が借りれます。お金が必要な事情が出てから初めてサービスを契約するのは手間がかかります。

あらかじめやっておけばいざというときに慌てなくて済みます。作ったら使わないといけないという規約もないんですから、契約しておくことによるコストも特にありません。

いざというときにすぐに動ける状況をノーコストで作れる。これがカードローンの隠れた魅力なのです。

不要なら解約OK!とりあえず作るのもあり!

カードローンを作っておけば当面のお金でバタバタすることを減らせます。いざとなったら借りればいいんですからね。そして「不要だったな」と思えば解約すればいいだけ。

使用しなかったことによる違約金等を請求されるということもありません。一定期間に渡って一度も使用がない場合、金融機関側の方から解約されてしまうこともあるくらいですからね。

というわけで、カードローンは気軽に作ってもらって大丈夫です。とりあえず持っておけばいいや…くらいの気持ちで作っておき、使うかどうかはそこまで深刻に悩まなくてもOK!

いざというときの保険代わりにカードローンを一枚持っておくというのも大人の賢いテクニックですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加