> お金・投資 > インターネットを使ってバーチャルな資産でお金を稼ぐ方法

インターネットを使ってバーチャルな資産でお金を稼ぐ方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.25

インターネットという1つのくくりがあったとしても、友達とメールに使ったりホームページ作成に使ったり、ツールの作成に使ったりビジネスに使ったり。

無限といえるほど人によって使い方が異なる使い勝手が良いインターネットですが、お金を効率的、効果的に稼いでいくことにも最適なものです。それも副業でお小遣いが欲しい程度の人から上場企業にするというビジネスオーナーまで、しかもその手法はそこまで変わらないほど、柔軟なものです。

自分のホームページが資産になる!?

無料で作ったブログやホームページが資産になると聞いて信じられない人もいるかもしれません。ですが、インターネットは体1つあれば資産を作ることが出来ます。そして、なんといっても初期費用や固定費用などのコストがほとんどかからないということ。これが大変便利な理由です。

でも、ホームページやブログという言葉を聞いただけでも頭が痛くなるというほどネットに苦手意識を持っている人が多いことも事実です。だから、ネットに強い人はその分稼げるということにもつながりますが、沢山の人がネットに強くなったからといって稼げなくなるというものでもありません。

ネットを使って稼ぐ方法も膨大にあり、リアルなビジネスがネットで集客をしている時点で無限にビジネスチャンスが広がっているといえます。

そこで初心者でも簡単に始められ、コストもかからない方法は、自分のブログやホームページを作って、そこから広告収入を得るというモデルです。

アフィリエイトやアドセンスといった方法になりますが、これのメリットは、コストがほとんどかからず、副業からビジネスまで上限なく稼ぐことができ、パソコン1台あればどこでも出来ることなどがあります。

リアルビジネスでは、たとえば喫茶店を経営したとしても、座る人数や作る数、店舗の大きさなど制限がかかってしまいますが、インターネットは個人でもテコの原理を使うことが出来るので、利益の上限は自分の頑張り次第でどこまでも伸ばしていくことが出来るのが魅力です。

サイト1つを毎日少しの時間で記事を書いたとしても、それを見に来る人はどんどん増えていきます。それによって利益も増えるわけですが、喫茶店の場合はお客さんが来るだけ自分も頑張らないといけなかったり、自分の労力と時間が減ることは、バイトなどを雇わないと出来ません。

なぜ、インターネットは稼げるのか?

こう聞いても、パソコンだけでお金が稼げる仕組み自体が良く分からないという人、特に体を動かさないとお金が稼げないと思っている人は特に疑問に思うでしょう。どんなビジネスでも共通することは、人の流れです。

リアルビジネスだと地方によってどうしてもお客さんの数が限られてしまいます。北海道のある地域で八百屋をやっていても、その地域で買いたいがために毎日沖縄から飛行機で来る人は少ないでしょう。

ですが、ネットで自分のホームページで商品を売れば、毎日日本中、場合によっては世界中の人へ売ることが出来るので、地域から世界へと、一気に商圏が広がることになります。

このように、自分がかける労力に対して得られるメリットを個人でも出来るように最大化してくれたのがインターネットでもあります。

これは、買う側からしても嬉しいですし、売る側からしても嬉しい、今までどちらも距離や時間、お金といった制限があってその地域のものが手に入りませんでしたが、今ではインターネットのおかげでどこにある希少なものでも手に入るようになりました。そして、こうしてマーケットが広がれば広がるほどビジネスチャンスは増え続けていきます。

ネットの資産をもって暮らしている人たち

インターネットで自分の資産を作って、毎日ほとんど仕事をすることなく沢山お金を稼いで生活している人がどんどん増えてきています。その方法は人それぞれで、アフィリエイトで広告収入で稼いでいる人やオークションで商品を販売して稼いでいる人、企業と個人をつなげて稼いでいる人などがいます。

その中には、月10万円から100万円程度で個人的にリッチに暮らしている人もいれば、1000万円以上など会社単位で稼いでいる人もいます。みんながみんなインターネットで稼いだらお金が稼げなくなるんじゃないの?と不安に思う人もいるかもしれませんが、そういうことはないでしょう。

基本的には、リアルにある商品をネットで売っている形や、知識やゲームなど情報を見たり動かしたりすることが価値を生むものまであるので、ネットを使ったビジネスは増え続ける傾向にあります。

時代の流れが速くてついていけないように思えても、お金を生み出す根本的なものは変わらないので、どれだけお金に関する知識を増やすかで、お金が増やせる可能性が変わってくるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加