> お金・投資 > 暮らしに快適であったか経済的なオール電化のすすめ!

暮らしに快適であったか経済的なオール電化のすすめ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.22

2014y03m22d_143222998

これから寒い季節がやってきますが、ますます生活の中で光熱費やランニングコストがかかってくるようになります。そして、冬の室内の保温性や暖かさというのもとても重要になってくるでしょう。今回は経済的で快適な暮らしを応援するオール電化の魅力について解説していこうと思います。

ガスを使わない安全・経済的なオール電化

オール電化は近年、賃貸住宅などでも需要が広がっている便利なシステムです。その名のとおり全てを電気でまかなう住宅のエネルギーシステムです。では、なぜオール電化が注目されているのでしょうか?

その理由は、オール電化の物件の経済性にあります。冬場になると各種料金が値上がりして、更に使用量も増えるため光熱費が高額になってしまいます。しかし、光熱費で一番大きな痛手となるのは、電気ではなくガス代なのです。このガス代が非常に大きな痛手となり、しかも賃貸住宅などではガスの管理次第でとても危険な事態にもつながってしまいます。

そこで、オール電化では扱いやすい電気のみで全てをまかなうことで、ガスを使わない安全な住宅のエネルギー供給を促すだけでなく、非常に経済的な光熱費の運用を実現することができるのです。

もちろん、オール電化はすべてのエネルギーを電力のみに頼るため、電気代のみで考えると、当然普通の住宅よりも高額になります。しかし、ガスをまったく使わないので、たとえば冬場のトータルの光熱費で比べた時には、かなり経済的になっているのではないでしょうか。

エコキュートとは?

オール電化では、給湯器で水を暖めてお湯を作り出す作業などもガスを使わず、電気のみでまかなっています。そのため、オール電化の物件では、基本的にガスの給湯器やボイラーよりも大きな貯水タンクが存在し、その中に水を溜めて電気で熱するというのが基本です。

とはいえ、電気はガスと違ってものを熱するという能力には長けておらず、そのために大がかりな貯水タンクや、ガスよりも長い時間をかけて水をお湯にかえる必要が出てくるのです。

そこで、近年ではオール電化の物件に嬉しい便利なエコキュートというシステムを利用することができます。これは、エアコンの空気を熱したり冷やしたりする技術を応用したもので、空気中の暖かい熱気だけを取り入れて貯水タンク内を暖めたり、ヒートポンプで空気を圧縮する際に発生する熱を利用して暖めるというものになります。電気で直接水を熱するよりもはるかに効率的で、しかも経済的な給湯を実現できます。

冬の暖房大丈夫?

オール電化にして心配な点は多々ありますが、その中でもこれからの冬に備えて暖房設備が大丈夫なのかという点が非常に問題になってくるでしょう。

通常では灯油やガスなどで部屋を熱しますが、ガスや灯油などは、先ほどの給湯器で説明した通り、空気や水など、大量のものを一度に熱するのにとても長けています。しかし、電気では水はおろか直接空気中を暖めることにはとても適しているとは言えず、電気ヒーターなどでは、近い場所を暖めるのには適していても、部屋全体を暖めるとなると不安が残ります。

近年ではエアコンで夏場の冷房も冬場の暖房もまかなってしまうというのが主流になっており、エアコンで経済的に部屋の中を暖めることができます。寒冷地方では、まだまだエアコンの暖める熱だけでは、部屋全体を暖めるには役不足でしょう。

しかし、床暖房やパネルヒーターなどとうまく組み合わせることによってや、オール電化の物件自体の断熱構造を見直すことによって、この問題は解決できます。しかも給湯器で水を熱するのに利用した熱を再利用したり、床暖房を利用することによって、年中快適でポカポカな物件が実現できます。

太陽光発電と併せたオール電化の取り組み

非常に魅力的なオール電化ですが、近年の太陽光発電モジュールの普及に伴って、より需要が高まってきています。太陽光発電は、ソーラーパネルを自宅の屋根などに設置することによって、太陽光から電力を発電します。それによって電力会社からの電気に頼りきるのではなく、自給自足のエネルギー供給も考えていけますし、余った電力を電気会社に売ることもできる事から、近年とても需要が高まっています。

そして、太陽光発電モジュールを設置するにあたって、とても便利に併用していけるのがオール電化なのです。太陽光発電の工事と併せてオール電化にする家庭の割合も非常に増えてきており、オール電化で運用することで、ガス代が無くなった分、電気代が高額になってしまう欠点がありますが、太陽光発電モジュールと併せて運用することで、それを効率的に補っていくことができるのです。太陽光発電には、ソーラーローンというローンが組めますが、太陽光発電モジュールの設置と併せてオール電化にする費用もこのソーラーローンでまかなうことができます。

より経済的にオール電化で過ごすには?

オール電化の賃貸物件に住んだり、オール電化の住宅でより経済的に光熱費を抑えて快適に生活をしていくにはポイントがあります。まずは、電気というエネルギーの長所と短所、得意分野と苦手分野をしっかり把握することです。

電気の得意分野としては、やはり安定した一定のエネルギーを供給し続けることができる事で、電気や家電製品などを動かすにはとても便利です。しかし、その反面あまり電気というエネルギー自体にパワーがないので、一気に熱したり暖めたりといった作業は苦手になります。その点直接火を使えるガスや灯油などは、強いです。

つまり、電気がとてもニガテとするのは、給湯器として水をお湯に変える作業などになります。直接火で熱するのと違って、お湯にするまでにも時間がかかってしまいますし、その間の電力は非常に高額になってしまいます。

現にガスの給湯器は非常にコンパクトで家庭内のお湯をまかなえるのに、オール電化の場合は大型の貯水タンクが必要になるのがいい証拠です。オール電化の家ではなるべくお風呂にお湯をはる時など以外では、一気にお湯を使ってしまわずに、コマメに使うようにしましょう。一気に貯水タンク内で暖めたお湯を使ってしまうと、また一から水をお湯に変えなくてはいけなくなってしまって、電気代が高額になってしまいます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加