> 恋愛 > メールで告白すると失敗率が上がってしまう3つの簡単な理由とは

メールで告白すると失敗率が上がってしまう3つの簡単な理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.11

好きな女性に告白するのに、出来ることなら断られた時の事を考えて、「メールなどで告白すれば恥ずかしい思いをしないで済むかな」と考えたりしませんか?

結論から言いますと、実はこれ、メールで告白するというのは、かなり失敗率が上がってしまうという事になってしまうのです。それではどうしてメールで告白すると、失敗率が上がってしまうのでしょう?

まず一つ目の理由は、「そんな大事な話をメールでするなんて、私はその程度なのね」という印象を女性に与えてしまうという事です。大事な話は、なんでもそうですが、面と向かって言うに限りますよね。大事な話があるから、会って話そうというのが、普通です。

これは、告白に限った事はありませんよね。メールなどを使うと、文章の解釈で相手に誤解を与えてしまうという事もありますし、伝えたい事の半分も伝わらないという事が起きてしまうため、メールでの告白というのは、大変危険な方法なのです。言葉を発する側、受け取る側で解釈が異なり、そして温度差などもある場合には、ことさら顕著になってくるでしょう。

次に2つ目の理由です。メールというのは、どんな場合でもそうですが、受け取った側が返事を出すのにワンクッション置くことができるという点が挙げられます。ということは、「どうしようかな…」と考える時間を与えてしまうという事にもなってしまうのです。

面と向かって告白すれば、その場の流れ、または勢いでOKする女性も結構いるのです。ですが、メールで告白する事によって、せっかくのチャンスを逃してしまう事にもなりかねないのです。

次に3つ目の理由です。告白というのは、雰囲気も大事です。そのメールを受け取った女性が、疲れた電車の中で受け取ったら、どう感じるでしょうか?自分は疲れ切ってる状態で、告白メールをもらっても、なんだか面倒だなと感じてしまう可能性も出てきます。

メールには相手が今どのような状況なのか、判断しづらいという難点があるのです。自分のタイミングと相手のタイミングがずれてしまうと、それだけでOKなはずの告白もNGになってしまうという事にもなり兼ねないのです。

「断られたらどうしよう…」と断られた時の不安を思い、ついついメールで告白などしがちですが、これを読んでわかる通り、メールでの告白で良い事など一つもない!のです。

告白したい女性がいるのでしたら、まずロマンチックな場所で、そして楽しい時間を過ごした後に告白すると、その場の勢いもあってOKしてもらえる確率はぐんとアップする事間違いなしでしょう。

相手の目を見ながら、真剣さが伝わるように告白する事で、伝わる事もあるのです。変な小細工をするよりも、ストレートに告白した方が女性の心を打つ事になるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加