> 恋愛 > 日常会話すら苦手なダメ男子に贈る、女性が喜ぶ3つの会話テク

日常会話すら苦手なダメ男子に贈る、女性が喜ぶ3つの会話テク

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.10.30

女性が喜ぶ会話術

あなたは女性と会話するとき、女性の話をちゃんと聞いていますか?あるいは、その会話は途切れず続いたりしていますか?まさか、天気の話しなんかしていませんよね?

女性と会話をするとき相手は気持ちよく話せて、会話も途切れない簡単なテクニックがあります。気をつけるポイントはたった3つだけです。

聞き上手になる

真の会話上手は、話し上手ではなく聞き上手です。女性はの話しには、真剣に耳を傾けてあげましょう。

少し笑顔を浮かべながら話しを聞いていたら、相手の女性も話しやすくなります。女性との会話を楽しむためには、まず聞き上手になることがポイントです。

結論は求めない

女性との会話の中で、「つまりこういうこと?」とまとめたくなっていませんか?それは、会話術としては避けた方がいいでしょう。

「真の会話上手は聞き上手」と書きましたが、女性が話している中では、「結論が欲しい」ということより、「単に聞いて欲しい」という場合があります。そういう時は、結論を出さずに聞いてあげましょう。

ですが、時には悩みを相談しているという場合もあるので、見極めるのが重要です。その時も、「はやく結論を求める」というのもやめた方が無難です。

提案、相づちを打つ

「真の会話上手は聞き上手」「結論は求めない」と書きましたが、黙ってただ聞いているだけというのは避けるべきです。

聞いているだけでは、相手もつまらないと感じてしまいます。そこで、話しの合間にはなるべく相づちをうちます。

相づちを打つ時も、興味なさそうにするのでは意味がないので、あくまでも「その話しを聞きたい」という雰囲気を醸し出しましょう。

また、相づちだけではなく時々、提案をすることも大事です。結論を出すのではなく、提案つまりアドバイス程度に留めておきます。

会話上手はバランス上手!?

これら3つの会話術を試す際は、それぞれのバランスをよく考えて行って下さい。ただ聞いているだけなどは、もっての外です。

まず、会話の基本は聞き手に回ること。そして、結論は急がないこと、会話の合間には相づちを打ったり、提案をしてあげることです。会話をする中で、自慢話や下ネタは場の空気がしらけてしまうので、避けるのがベターです。

3つのテクを使って、あなたも会話上手になって女性を喜ばせてあげましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加