> 恋愛 > 女性の美意識と男性の美意識違いって何?その隔たりの不思議

女性の美意識と男性の美意識違いって何?その隔たりの不思議

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.15

現在の若い男性達は、「給料を何に使うか?」という質問に対し、「自分のために」と答える男性が増えたのだそうです。昔の男性は、「デート費用や交際費」に使うという回答がダントツだったのに対し、今は、デートでも割り勘思考が増えたということでしょう。

若い男性は外見ばかりを気にする男性が多すぎるような気がします。そもそも日焼けを気にする男性は、スポーツやアウトドアをどう考えているのか、果たして、女性がどういった男性美を求めているのか考えてみましょう。

女性が求める男性のカッコ良さ!

女性の男性に求めるカッコ良さのなかでも、スポーツはできないよりできた方が良く、運動神経は大切です。だってもしも危険な目にあった時、泳げない、走るのが遅い、弱いといった理由で何の役にも立たないでは困ると多くの女性は思っています。だからといって運動神経が全くダメな男性がモテないわけではありません。女性が求めるのは、精神的な「男らしさ」です。

何かあった時に判断もできない優柔不断だったり、自分ばっかりで優しさが欠けている人は、いない方がマシと思ってしまいます。このような男性は、どんなに容姿が優れていても、多くの場合「あなたは要らない」と言われて恋が終わってしまうことが多いでしょう。

だからといって容姿が全く関係ないわけではありません。確かに第一印象では容姿が優れている人や爽やかな感じの好青年は得だとは思います。何と言っても、仲良くならないと男性の本質である「中身」を知ってもらえないからです。仲良くなるのはまず外見からでしょう。でも、外見から仲良くなったとしても中身が無ければすぐに終わってしまいます。

とにかく女性の求める男性への美意識は中身を含めたカッコ良さです。美しいだけの男性ではないのです。「運動神経が良い」イコール「男らしい」イコール「適度に日焼けした男性」なのです。

そして適度に日焼けしていても、清潔感・爽やか感も重要です。もちろん身だしなみはもっと重要です。しかし、最も重要なのは、男性の男らしさや優しさ、自分を大切に思ってくれているという「愛されている実感」なのです。

でも、最近の20代女性は寛容で、多少日焼けした男性の方を好んだとしても、美白やエステをしている男性も、身だしなみとして受け入れてくれます。しかし、あくまで身だしなみですから、女性にはわからないようにして欲しいのです。

昔の色白男性は美白対策なんてしなくても色白でした。スポーツで夏に日焼けしても冬の間に色白に戻ってしまうのです。色白男性は、肌が強いせいか、紫外線対策なんてしなくても、シミもソバカスもなく、女性よりきめ細やかな肌を持っていたりして、女性に羨ましがられたものです。

でも、温暖化の影響で、今まで紫外線を遮ってくれていたオゾン層が破壊され、今は昔の紫外線の強さとは比べ物にならないほど強くなってきたので、現在の色白男性は紫外線対策が必要なのかもしれません。でも、女性はもっと紫外線対策は必死です。このように、女性は昔から色白男性を否定したりしません。体質的に色白男性は羨ましく思っている位です。

だから、余計に色白男子には、あくまで「生まれつきの色白男性」を気取って欲しいのです。美白対策をして、無駄毛処理をした人工的な色白男子も女性は認めています。しかし、エチケット上、女性の前で平気で美白や脱毛の話をしたり、デートの最中に、化粧品のコーナーで紫外線対策商品に大注目なんてしないで欲しいのです。

もし女性が、男性の前でお化粧をしたり脱毛処理を始めたりしたら、「100年の恋も冷める」というものではありませんか?それと同じなんですよ。

男性の求めるカッコ良さ!

今の20代男性は、アウトドアより、自宅にいるのが好きなのだそうです。節約志向もあるのかもしれませんが、掃除・洗濯だけではなく、中には料理はプロ級だと自負する男性も少なくありません。今の30代の男性のように男らしさ・カッコ良さを求めるより、自分らしさ・素朴さを重要視している男性が多いのだそうです。

自宅にいることを好むので、自然と色白にもなるのでしょう。昔の若者男性のようにスポーツジムで肉体改造なんてしないので、細身の男性が多いようです。色白で細身ですから、脱毛もエステも美白対策も20代男性にとっては身だしなみの一環としてやっているのです。

そして、身だしなみを追求するあまり、エステや美白は女性の十八番ですから、男性は女性に聞くのかもしれません。男性は、女性と身だしなみについて共通の話題をしているような認識かもしれませんが、女性の心理としては、引いてしまいます。

同じ美白対策だとしても、女性の思い描く色白男性は、生まれつきのイメージが大きいので、その魅力をぶち壊すようなことをして欲しくないのです。生まれつきの色白体質と、部屋にこもりっきりの色白は、女性の意識下では違うのです。

生まれつきの色白体質の人は、色素が薄く無駄毛も色白に見合った細さや色なのです。わきの無駄毛が少なくて恥ずかしがっている男性もいる位です。色白なのに、無駄毛が太く毛深いなんて見苦しいではありませんか。だから見苦しくないように体はうまくできているのです。

しかし、生まれつきではなく、病弱体質や外に出ないという太陽を浴びないから後天的に色白になった人は、健康的にアウトドアへ行っていれば本来色黒になるような人なのです。毛深くても色黒なら、却って健康的で毛深さも男らしさになるのです。

それなのに、日光を浴びないようにして色白になった場合は、色黒に適した無駄毛が生えてくるので、色白に不釣り合いなのです。だから無駄毛処理が必要になってくるのでしょう。だから、男性は身だしなみとして、昔では考えられない無駄毛処理をするようになったのでしょう。

また、「イクメン」「お弁当男子」という言葉が流行っているように、家事を手伝う男性の方がモテるという社会の風潮と、貯蓄精神からの節約生活で、今の20代男性の多くは、家事全般を誰でも普通にこなします。中にはプロ級の腕の人もいます。当然女性より上手な人もいるでしょう。それを自慢してモテようとする男性もいますが、逆効果になることもありますので注意しましょう。

女性は男性に喜んでもらいたくて料理を作ります。だから、いくら男性が料理上手でも、女性の料理にはダメ出しをせずに、一応美味しそうに喜んで食べてあげましょう。教えてあげるつもりでも、ダメ出しばかりするのは逆効果です。「おまえ料理下手だな」と侮辱しているようなものです。

それでも女性の料理が我慢できない位下手なら、初めは黙って男性が料理を作ってあげたらいいのです。女性だって、大好きな男性より家事が下手なのは恥ずかしいので、努力はするのですよ。

教えるなら、一緒に作るのが一番です。女性は何も言わなくても男性のために学習します。だから、「手伝うよ!」って感じで、コツを優しく教えてくれる男性には、優しさを感じ高評価なのです。

一般的に「自分よりも家事が得意な男性はやりにくいな」と思う女性は多いので、家事が上手すぎる男性で、女性に反感を持たれずに上手に女性を指導できるような気遣いに自信が無いなら、自分の腕前を彼女よりも下に見せておいた方が無難かもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加