> 趣味・ライフスタイル > やっぱり音楽はスピーカーで聴きたい!手軽で安くコンポを選ぶ!

やっぱり音楽はスピーカーで聴きたい!手軽で安くコンポを選ぶ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.06

2014y03m06d_003058641

携帯音楽時代と現代の家庭環境

パソコンが普及し、インターネットが広まってからというもの、私たちの生活の中で音楽はいつしかデータで持ち歩く時代となっていました。そして、パソコンと連携した音楽再生や携帯音楽プレーヤーが主流になったことで、より便利に快適に音楽を楽しめるようになりました。

パソコンでは音楽というアナログのものをデジタルで保存し、圧縮することによって再生機器のメモリ容量に合わせて最適なファイルサイズまで落とすことができたり、そもそもディスクやカセットを必要としない現代の音楽再生機器は、とても便利になりました。

しかし、待ってください。音楽を再生するのに大切なことは、音楽はいつまでたってもアナログだということです。デジタルやネットワークとの連携でいくら便利な時代になっても、最終的に音楽を出力するのはアナログの機械なのです。

一昔前まではスピーカーやコンポで音楽を再生するのが楽しみでしたが、現代では生活スタイルや集合住宅や狭小環境のおかげで十分に生の音楽の再生が楽しめなくなってきてしまっていることが残念です。音楽を再生する醍醐味はやはりスピーカーなのです。そこで、今回はイヤホンやヘッドフォンではない、直接スピーカーで聴く音楽の楽しみやその再生機器の選び方について考えていこうと思います。

スピーカーで再生される音の魅力

一昔前までは、一般家庭に大型のスピーカーや音楽用のアンプやコンポーネットが当たり前のようにありました。しかし、現代ではどんどんそうした大型の音楽機器の需要は減ってきてしまっています。

スピーカーで再生される音は、イヤホンやヘッドフォンでは味わえない臨場感があります。それもそのはずで、耳の中や耳のすぐ付近だけで音が響いているのか、部屋全体で音の振動が伝わってくるのかでは、臨場感も空気感もぜんぜん違います。音は空気の振動で伝わるものですから、その空気感こそが音楽の最大の醍醐味だといえるのです。

また、イヤホンやヘッドフォンなどの小型のスピーカよりもはるかに大きくて表現力の高いものですから、表情豊かな音を楽しむことができるのです。確かに、細部の細かい音の鮮明さで言ったら、直接耳に付けて楽しむイヤホンやヘッドフォンには到底敵わないでしょう。近年ではそうしたスピーカー以外での再生が中心となっていますから、音源自体の作り込みもより細かくてより繊細な音となっていることが多いです。しかし、音楽の醍醐味はやはり部屋やモノを伝わって振動するスピーカーでの再生なのではないかと思います。

CDが再生できれば良い

では、スピーカーで音楽を聴くためには、スピーカーで再生できる音楽再生機器を購入していく必要があります。とはいえ、現代では大型のスピーカーやラック式の音響機器を揃える場所はありませんから、小型のコンポを購入するのがもっとも現代にマッチした方法でしょう。

小型のスピーカーであっても、イヤホンやヘッドフォンで再生するのとははるかに違う音楽の聞きかたを楽しむことができます。そして、やはりいくらデジタル技術が発達していても、パソコンにデジタルで取り込んだ音楽より、もともとのCDで聴く音楽が一番高音質なのです。

ですからCDをスピーカーでしっかりと再生することのできるものというのが必要最低条件となります。現代的な携帯音楽機器などを接続したいというのであれば、コンポにはたいていAUX端子か、input端子が付いていますので、専用のケーブルを購入すれば、携帯音楽機器を繋いで再生することもだいたいの場合で可能です。

最新のコンポの方がやっぱり音質はいいのか?

では、CDを再生できてしっかりと音を再生することのできるスピーカーとアンプが内蔵されているコンポを購入するのがベストということになりますが、何も新品で購入する必要はないのではないかと思います。それなりのミニコンポを新品で購入しようとすると、数万円規模で予算を組む必要が出てきてしまいます。しかも、近年のコンポはiPodと接続できるようになったドックコネクタを標準装備しているものや、USB端子やSDカードスロットが付いたものも存在します。

こうした様々な機能は、使う人にとっては嬉しいのでしょうが、皆が皆iPodを持っているわけではないでしょうし、専用の端子がなくともinputかAUXさえ付いていれば、携帯音楽プレーヤーを接続することも可能です。ですから、何も新品で新しい機能がついたものを購入する必要はありませんし、必ずしも新しい方が音質がいいとは限りません。

よほどハイエンドクラスのものでもない限り、新しいものも古いものも、その時代の機能性の違いこそあれど音質の面でさほど大きな違いはありません。それよりもむしろ、メーカーや個体で選んでいく方がよほど音質のいいものに巡り会えます。

リサイクルショップの穴場!

そこで、筆者的には中古の方が安く手に入るし、CDが再生できればぶっちゃけ大きな違いもないと思うので古いものでもぜんぜん構わないと思うのですが、あとの問題は価格です。いかに安く音楽環境を整えるかという部分になってくるでしょう。

そこで、とても便利な穴場となるのがリサイクルショップです。リサイクルショップでは当然コンポなどもたくさん売られていますが、音楽機器は平成に入ってからは特に、目まぐるしい時代の流れとともに様々なものが出てきました。あっという間に時代遅れとなって人気のなくなってしまったものもあるのですが、リサイクルショップでは、まだまだ使えるのにも限らずこうしたものがとても安く売られています。

MDは1990年代に生まれて徐々に家庭に浸透したものでもありますが、データやデジタル化でパソコンと連携されるようになってあっという間に世間から置き去りにされてしまいました。そして、MD・CDつきのコンポがとても安く売られているのです。それもMDが壊れているという理由で5,000円以下で良質なコンポが購入できることも多いのですから驚きです。リサイクルショップの穴場を巡っていくと、より良いコンポが安く手に入って、スピーカーで思い思いの音楽を楽しめる生活が待っています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加