> 趣味・ライフスタイル > 都会で暮らす?それとも田舎で暮らす?それぞれのメリットデメリット

都会で暮らす?それとも田舎で暮らす?それぞれのメリットデメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.27

都会暮らしと田舎暮らしは、どっちがいい?

都会に住んでいる人は、今の暮らしに満足しているでしょうか?あるいは、田舎に住んでいる人は都会に憧れを抱いているかもしれません。

では、都会暮らしと田舎暮らし、どちらがいいのでしょうか?それぞれ代表的なメリットとデメリットを挙げるので、将来住む場所の参考にしてみるのはいかがでしょうか。

都会暮らしのメリット1.情報が速い

都会は、田舎よりも「情報が速い」と言えます。最近は、パソコンやインターネットの普及によって、情報の速度はどこでも平等に思われがちですが、流行りのものは都会から始まります。

最新のガジェットや書籍などは、都会の方が手に入りやすいものです。新しいものが好きな人は、田舎よりも都会の方がいいでしょう。

都会暮らしのメリット2.仕事がある

都会は、田舎よりも仕事の種類がたくさんあるので、選り好みしなければ、すぐに仕事が見つかるはずです。

また、「最低賃金時間額」も東京の場合だと850円を超えていますが、田舎で時給850円の仕事を探すのは大変です。

田舎では、仕事の数も限られているので、安定した収入などが必要な場合は、都会で暮らした方がいいでしょう。

都会暮らしのメリット3.欲しいモノがすぐに手に入る

都会には、お店の数が非常に多いので、欲しいモノがすぐに手に入ります。

最近は、Amazonや楽天市場などネットショップで安価で購入できますが、ネットショップで購入したとしても、手元に届くには時間がかかるので、都会で店舗に行って購入した方が、欲しいモノをすぐに手に入れることができます。

都会暮らしのデメリット1.家賃など、物価が高い

都会暮らしをしていると、どうしても家賃などが高くなってしまいます。都会と同じくらいの家賃でも、田舎だとかなり広い家に住めたりもします。

都会暮らしのデメリット2.人が多い

都会は、人が集まってくるので平日でも混雑しているお店はたくさんあります。それに対して、田舎は休日でも人はそこまで多くないので、買い物などものんびりとすることができます。

都会暮らしのデメリット3.人付き合いが希薄

都会では、隣に住んでいる人の顔も分からないという人がかなりの数います。何かあったときなど、人付き合いや近所づきあいが希薄だと、困ってしまうことがあるかもしれません。

田舎は、人付き合いも濃いので何か困ったことがあると近所の人に頼れることがあります。

田舎暮らしのメリット1.自然がある

田舎は都会に比べると、自然が多く空気がキレイです。緑にはリラックス効果もあるので、都会よりもストレスも少なく生活ができるのではないでしょうか。

田舎暮らしのメリット2.生活費が安くすむ

田舎は、都会よりも生活費が安くすみます。何よりも家賃は、都会よりも安いうえに広い部屋に住むことができます。

高級食材などは手に入りづらかったり、都心部よりも高額かもしれませんが、日常的に使う野菜などは、安価で手に入ります。

田舎暮らしのメリット3.生活スタイルがのどか

田舎は都会よりも、生活スタイルがのどかだと言えます。都会のように、人やお店の数が多くないので、ゆったりと生活をすることができます。

都会のゴミゴミした様子などにストレスを感じる人は、田舎暮らしの方がいいかもしれません。

田舎暮らしのデメリット1.仕事が少ない

田舎は、都会よりも仕事の数が少ないです。大企業は、やはり都会に集中してしまうので小規模の会社や農業などの仕事がメインになってくるでしょう。

田舎暮らしのデメリット2.収入が少ない

都会と比べると、どうしても収入は少なくなります。ただし、都会よりも田舎の方が物価が安いので、収入が少なくても充分な暮らしはできます。

ですが、都会のような贅沢な暮らしは難しいと考えるべきです。

田舎暮らしのデメリット3.モノが少ない

田舎はお店の数が少ないので、モノが少ないのはデメリットと言えるでしょう。欲しい商品も都会に出かけるか、ネットで購入するしかないので時間やお金が多く掛かってしまう場合があります。

また、都会のように公共交通機関で安価に移動するというのが難しく、「車を持っていないと生活ができない」ということがあるのもデメリットと言えます。

都会も田舎もそれぞれ自分に合った生活スタイルを!

都会に住んでも、田舎に住んだとしても、それぞれ自分の生活スタイルに合った場所に住むのがいいでしょう。

都会暮らしも、田舎暮らしも両方とも憧れている人は多いと思います。ですが、それぞれのメリットとデメリットをしっかりと理解して、どちらに住む方が、自分らしく生活ができるか、よく考えたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加