> 趣味・ライフスタイル > 涙を流してストレス発散!男が泣ける映画コレクション

涙を流してストレス発散!男が泣ける映画コレクション

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.01.02

menzine_0008
男だって泣きたい時もある!涙を流すことはそれだけでストレス発散になるわけだが、男というものはとかく人前で泣くことをためらってしまう場合が多い。
なら一人で泣けばイイじゃないか!自分の部屋で泣けばイイじゃないか!というわけで、今日は泣ける映画をいくつか紹介しよう。

今やネットでポチっとすれば、観たいDVDが送られてくる便利な時代。観たことがないものがあればこの機会に是非観てみよう。流した涙の分だけ、キミの体からストレスが流れ出ていくに違いない。

泣ける映画の代表格といえば

泣ける映画を10人に聞けば、1人は必ずこれを出すであろうと思われるぐらいの名作「ニューシネマパラダイス」。
映写技師の老人と、その映画館に入り浸っていた一人の少年との心温まる交流のストーリー。老人の形見のフィルムを映し出すラストシーンは涙なしに観られない感動のシーンだ。

個人的にオススメしたい映画

続いて、私イチオシの泣き映画「パーフェクトワールド」。脱獄犯と人質にされた少年との心の絆を描いたストーリー。逃走中に脱獄犯は人質の少年の中に自分を写し、少年の願い事を一つずつ実現していく。草原のシーンが美しく印象的な映画だ。

おかっぱの女の子が印象的

そして日本でジャン・レノが有名になった映画とも言える「レオン」。プロの殺し屋とアパートの隣の部屋に住む少女がやがて奇妙な同居生活を始めるというストーリー。
家族のような恋愛のような不思議な気持ちに戸惑いながらも絆を深めていく二人。この映画を観たことがない人でも、このおかっぱの少女は知っているのではないだろうか。

冤罪で刑務所に入った男のストーリー

また、他に比べると少し知名度が劣るかもしれないが「ショーシャンクの空に」。これは冤罪で刑務所に服役する男の前向きに生きる姿を描いたストーリー。刑務所内で芽生えた友情から刑務所の歪んだ内部と上層部まで、人間関係の描写が鮮やかな作品。

日本のアニメ映画より

最後に「火垂るの墓」。これは日本のアニメ映画の中でも超有名な作品だ。戦時中に身寄りを失った幼い兄弟の過酷な生活を描いたストーリー。その中でも愛らしい妹が衰弱していく様子は涙なくては観られない。
モノに溢れたこの時代の子ども達にも一度は観て欲しい映画である。さあこの週末にでもDVDを観て、涙の分だけストレスを発散しよう。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加