> 趣味・ライフスタイル > もうデブとは言わせない!短期間でみるみる痩せる食事の摂り方講座

もうデブとは言わせない!短期間でみるみる痩せる食事の摂り方講座

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.18

2014y01m18d_043855361

男であっても、やはり太ってきたら気になってしまいますよね。女性に「デブ」だなんて言われてしまった日には、もう立ち直れないかも…なんて思ってしまったりしませんでしょうか。

実は、女性より男性の方が痩せやすかったりします。女性は女性ホルモンの関係で痩せる時期と太る時期などがあり、ダイエットするのに時期を選ばなければならなかったりしますが、男性の場合はそういうのはありませんので、いつから始めてもダイエットは成功する確率が高いのです。

食事制限だけで痩せるよりも、運動とあわせて痩せた方が勿論良いのですが、食事を気をつけるだけでもある程度やせる事が出来ます。まずは食事と食事の間の時間をあまり空けすぎないという事です。長い時間あけてしまうと、空腹で血糖値が下がっている所に食べるので、血糖値が急上昇してしまいます。血糖値が上昇してしまうと、体脂肪を蓄積しやすい体の環境を作ってしまうのです。

体脂肪が蓄積されると太りますので、出来る事ならば、6時間おき位で食事を取る事をお勧めします。どうしても間があいてしまう時には、間食を少しだけするという方法があります。食べる時間が無いならば、せめて飴を1個なめるだけでも随分違います。

次に、炭水化物の量を減らして、たんぱく質はきちんと摂るという事です。炭水化物が蓄積されると太るのであって、たんぱく質には脂肪を燃焼する役割があります。お肉を食べたら太る。と思っている方も多いようですが、お肉はお肉でも調理の仕方で太るかどうかは決まってきます。油で揚げたとんかつみたいなものばかり食べていたら勿論太りますし、お肉はお肉でも脂身が少なめの鶏肉を蒸して食べたりする事によって、かなり痩せ体質を作る事が可能となってきます。

次に食べる順番ですが、フランス料理のフルコースは実はそんなに太らないと言われいてる所以ですが、あれは最初にサラダや前菜などの野菜から入って行き、ゆっくりとお料理が提供されていく為、脳にお腹が満たされたという指令が送られる頃にメインが出てくる。というような食事の提供方法にあるのです。ゆっくり食べる事で脳の満腹中枢神経に指令が届くので、食事はよくかんでゆっくり食べる事をお勧めします。そしてまずサラダから食べる事によって、メインを食べる量を抑えられるという事に繋がります。

少しずつ量を減らしていき、食べる順番なども工夫して、太りにくいものを中心に食べていくようにすれば、きちんと食事をとりながらもダイエットする事が可能です。ある程度きちんと食べながら行ったダイエットの場合、リバウンドもしにくくなってくるので、胃を少しずつ小さくしながらダイエットしていくと良いでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加