> 趣味・ライフスタイル > 浪費家のあなたへ!お金はこうやって貯めろ!

浪費家のあなたへ!お金はこうやって貯めろ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.01.06

W580Q100_shutterstock_294222383

全ての浪費家はいますぐコレを試してお金を貯めろ!

突然ですが、あなたの貯金はいくらくらいですか?周りの人と比べて少ない。毎月ギリギリの生活をしているというのであれば、あなたはお金を無駄に使っているかもしれません。

「貯金をするのが難しい」「節約がなかなか上手くいかない」という人も、実は少し考え方を変えたり、ちょっとしたテクニックがあれば、浪費を押さえて、驚くほど貯金をすることができます。

貯金をするために仕事を増やしたり、副業に手を出す前に浪費を防ぐテクニックを身につければいいんです!

食費を抑える

まず、多くの人にとって大きい支出の一つに「食費」があるでしょう。家賃の次ぐらいに食費が掛かっている人がほとんどではないでしょうか。食費を抑えるのも、ちょっとしたテクニックでずいぶん変わります。

まず、「自炊をする」。基本中の基本です。レトルト食品の多くは高額で、しかも栄養が偏りがちになります。自炊なら、材料費などを低価格で調達できる上、栄養の偏りも防ぎやすくなります。また、買い物をするときは必ずリストを作って、余計な買い物を防ぎます。

ペットボトルや缶など自販機やコンビニで飲み物を買わないように、タンブラーに自分で入れたコーヒーなどをいれて持ち歩きましょう。

衝動買いを防ごう

ついついやってしまいがちになる衝動買い。これを防ぐには「それは自分に必要?」「それを買ったら自分はどうなる?」と問いかけましょう。

もし、ちゃんとした答えが出ないのであれば、買わないほうがいいでしょう。ほとんどの場合、衝動買いはこれで防ぐことができます。

キチンとお金を管理する

貯金をするには、お金を管理するのが基本です。

まず、家計簿をつけます。いままで付けていなかったのなら、これを機に家計簿をつけてみましょう。普通のノートでもいいですし、最近はスマホ用の家計簿アプリも多くリリースされているので利用するのもいいでしょう。

また、家計簿はなるべくその日のうちにつけます。何日も経ってしまうと使途不明金が出やすくなります。スマホアプリで管理しているのなら、買い物をした瞬間に家計簿を付けるのがいいでしょう。

一日の終わりに財布の中を整理する癖を付けておけば、家計簿の記入漏れもなくなります。

1ヶ月のATMの利用回数を決める

1ヶ月で使えるATMの回数を決めて浪費を無くしましょう。なるべくATMで引き出す金額は、1ヶ月に必要な生活費などを一度に引き出します。

何度もATMに足を運んでいると、無駄に多くの金額を引き出してしまいがちになり、無駄遣いが多くなります。ATMの利用回数は月に1回から、多くても3回以内にしておきましょう。

クレジットカードを持たない

非常に便利なクレジットカード。使っている人も多いと思いますが、カードが一番浪費癖を深刻化してしまうものです。

カードなら、お金が目に見えないところでやり取りされてしまうので、ついつい使ってしまいがちになります。カードはなるべく、公共料金の支払いやネットショッピング専用、大きな買い物専用にしておきます。

普段の買い物なら、面倒でも現金で精算しましょう。

お金を貯めるには、適度に使え!?

お金を貯めるには、適度に使うのが一番のコツです。貯金するのにお金を使うというのも違和感のある話しですが、お金はずっと貯め込んでいるだけではなかなか貯まりません。適度に使わないと、お金の価値が分からなくなってしまいます。

貯めるばかりでは、貯金することにストレスを覚えて、効率的に貯金することができなくなります。お金は適度に使うのも大事です。

その時に、気をつけたいのが「身の丈に合った物に使う」ということです。背伸びをして高級なものを買ったりするのが、もっとも大きな浪費です。

浪費家のあなたへ

浪費家のあなたでも貯金ができるように、いくつかお金を貯めるテクニックを紹介しました。ですが、一番効果的なテクニックはお金に対するあなたの意識を変えることです。

自炊や家計簿をつけたり、自制してお金の使い方をもう一度考え直したり、決めたりするのは、あなた自身です。貯金をもっと増やしたいというのであれば、まずあなたの意識を変えるところから始めましょう。

あなたの意識が変われば、お金を貯めることは必ずできるはずです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加