> 趣味・ライフスタイル > あなたは今幸せですか?人生の目的について考え常にゴールを求めよう!

あなたは今幸せですか?人生の目的について考え常にゴールを求めよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.22

2014y01m19d_173145965

あなたは今幸せですか?人生の目的は幸せになってそれを継続させる事です。そして幸せな人は何が有ったわけでも無く、常に幸せそうに見られます。

人生の目的は何ですか?

人生は目的と手段という発想で考えるとブレが無くなります。例えば、机の上を雑巾で掃除する時、机の上にあるものをどけずに掃除をする人がいますが、それは目的と手段を理解していないからです。

机を綺麗にすることが目的で、そのために雑巾で机を拭くという手段があるはずですが、こういう方は雑巾で机を拭くという行為自体を手段と捉えているのです。

綺麗にする事を目的とすれば、きっちりと物をどけて机を拭くはずですよね。しかし、人生において、こういう目的と手段を履き違えている事によって不幸になってしまう人が多いのです。

では、人生の目的とは何なのでしょうか?お金でしょうか?結婚でしょうか?地位や名誉でしょうか?

これらは全て手段ですよね?人生の究極の目的は「幸せ」なのでは無いでしょうか?

幸せになるためにお金が必要だったり、幸せになるために結婚をしたり、幸せになるために地位や名誉を欲しがる訳です。

逆に言いますと、お金はたっぷりあって、結婚もしていて、地位や名誉があれば不幸でいいという人はいないでしょう。こういう事がひとつも無かったとしても、幸せであれば人生は成功なのです。

幸せがゴールでは無い

幸せが目的と書きましたが、幸せは決してゴールではありません。ここはよく勘違いをされる方が多いところです。

幸せになることがゴール、つまり目標として日々励んでいる人が陥りやすい事、それは燃え尽きるという事です。目標を達成できた時、これで十分幸せだなぁと思った時が幸せのピークになってしまうのです。

幸せとは、継続しなければ意味がありません。一度幸せになったからといってそれで終わりでは何の意味も無いのです。幸せになるというゴール設定ではなく、常に幸せになるために、その時なりのゴールの設定を作り替えながら、繰り返す必要があります。

幸せを継続させるためには

幸せになるためにはプラス思考は絶対的に必要です。プラス思考だと、例えどんな不運に見舞われても、どんなに辛いことがあっても、そこから自分なりの意味合いを考え、建設的に乗り越える事が出来ます。そしてそういう逆境から早く脱出し、次の逆境から脱出するスピードも早くなります。

ですので、プラス思考が重要な要素ではあるのですが、100パーセントのプラス思考でもいけないという所がポイントです。

重要なのは、大半のプラス思考と、ほんの少しのマイナス思考というところです。

本来マイナス思考というのは、危機管理的な発想なのです。人間は不安や恐れがあるからこそ生命を維持出来た訳です。そのDNAが未だに残っているからマイナス思考になるのです。

しかし、プラス思考過ぎると全くの危機管理が見えなくなり、人生における大きなリスクに気が付かなくなってしまいます。その結果、折角手に入れた幸せが続かないという事にもなってしまいます。幸せを継続させるには、プラス思考とマイナス思考のバランスを考えなければなりません。

理想的なバランスは、プラス思考が8割に対してマイナス思考が2割です。

これは、人を育てる時に、褒めるのが8割、叱るのは2割というバランスが理想的な事と同じです。心理学的な視点なのですが、こういう割合で褒める、叱るというのが効果的なんだそうです。

幸せを継続させる思考も、この比率を用いて、8割と2割の黄金比を意識しておいて下さい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加