> 趣味・ライフスタイル > 5万円以下で始める、大人の男のお洒落なおすすめ楽器4選

5万円以下で始める、大人の男のお洒落なおすすめ楽器4選

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.22

楽器を始めるにはその後のコストも大事!

まず、楽器を始めるにあたって一番の出費になるのは購入の際でしょう。しかし、購入後にかかるランニングコストも視野に入れて購入しなくてはなりません。たとえば、弦楽器であれば弦代が必要になり、選ぶ楽器によって値段も全然違います。

また、その楽器を練習するのにかかる費用も考えなくてはなりません。練習スタジオを利用する時間やコストを考えましょう。できれば、毎回スタジオ通いではなく、自宅でも気軽に練習できるものがおすすめ!

ビジュアルから入るのはアリ!

楽器を購入したはいいけど、弾かないという人もいるかもしれませんが、それはそれで全然オーケー!持っていて弾かなくとも、飾っておくだけでインテリアとしてお洒落であったり、その楽器をやっているという肩書きだけでかっこいいなどの理由でもぜんぜんOKです。楽器は置いておいて腐ったり壊れたりする事もありませんし、経年で価値が落ちる事もありません。

その1 ダントツ、エレキギター!

やはり1番はなんと言ってもエレキギターです。これはもはや初心者入門の定番ですね。エレキギターは今や非常に多くの種類やメーカーが存在します。ものによっては5,000円で購入できちゃうギターもあり、それなりにちゃんと音も出ちゃうのですから驚きです。

エレキギターは、その名のとおりアンプと呼ばれる機械に繋いで音を増幅して出す楽器です。そのため、ヘッドフォンを繋いで練習すれば集合住宅であろうと深夜であろうと練習ができてしまいます。また、非常に多くの形があり、自分の好みの物を選んでお部屋のインテリアとして飾るのにももってこいです。

ギターを購入する時に必要なのは、ギター本体とピック、肩にかけるためのストラップと教則本、立てかけるスタンドやヘッドフォン端子付のアンプにケーブルでしょうか。本体が45,000円程度で選べば+5,000円でこれらの付属品をセットでつけてもらう事ができる場合もありますよ!

その2 エレキベース

つづいて、エレキベースがおすすめです。楽器をやらない人からとってみれば、エレキギターとエレキベースの違いがわからないという人も多いですが、ベースギターは低音担当の楽器です。

ギターと形は似ていますが、ギターは上物のメロディー楽器、ベースはリズム楽器という位置づけになっています。ベースとギターの見分けかたは、ベースの方がスマートで細長い楽器で、弦が太いという事でしょう。基本的には4弦ですが、5弦・6弦ベースも存在します。

ベースの魅力はなんと言ってもその渋さです。ギターが入っている音楽ジャンルは限られていますが、ベースはほぼ全ての音楽に入っています。特にジャズやファンクなどではベースの存在が目立ちます。大人になればなるほどその魅力がわかる楽器です。

また、案外音楽やバンド好きな女の子はベースをやっている子が多いため、会話の材料にもなりますし、本場のジャズや吹奏楽などで使われるウッドベースよりも場所を食わないのが魅力的です。

その3 カホン

カホンと聞いてもピンとこない方が多いかもしれませんが、近年ドラマーやバンドマンなどから非常に人気と需要のある楽器です。カホンは小さな箱形の打楽器で、その箱の上に座りながら叩いて演奏します。

当然、ドラムと違い置き場所も食いませんし気軽にどこへでも持ち運ぶ事ができる取り回しの良さがあります。バンドをやるには場所も楽器も制限されますが、カホンがあればいつでもどこでもアコースティックギターなどと演奏できますし、電源を必要としないので路上でも練習・演奏する事ができてたいへん柔軟性の高い楽器です。

さらにカホンのメリットは、定期交換が必要な消耗品などが実質ないので管理コストもかからないという点にあります。バンドマンにも非常に人気の高い楽器ですから、カホンを始める事で、にわかな楽器ファンと馬鹿にされる事もなく、一歩進んだ関係が築ける事間違いなしです。

その4 サックス

サックスと言えば、高級な金属の楽器で、非常に高額なイメージがありますが、じつは近年では入門用として安価に購入できるんです。一昔前までなら数十万円は必ずしたサックスですが、近年では数万円で購入する事もできるのです。

サックスはジャズやフュージョン、吹奏楽など、非常に幅広い音楽性を持ち、渋くてお洒落です。当然、演奏する事ができなくとも部屋に飾っておくだけでもインテリアとしてじゅうぶんな存在感を放ってくれます。さらに、持っているだけでもまるでジャズを嗜んでいるかのような大人のオトコの渋さを演出できます。

こうした管楽器のような高額なものでも近年では入門用として非常に安く購入する事ができますから、楽器を始めるユーザーの選択肢は広がっています。楽器は自由に演奏できたらなおいいですが、インテリアとしても非常に魅力がありますから、低価格でも始められる楽器を検討してみてはいかがですか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加