> 趣味・ライフスタイル > 世間知らずに悩みあなたへ!無知な自分を乗り越える方法

世間知らずに悩みあなたへ!無知な自分を乗り越える方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.06

私は現在鹿児島在住なのですが、風が強く、桜島の火山灰まで降っているので目を開けていられません。灰でスマフォもパソコンも真っ黒になっちゃっていますが、パソコンの画面に灰が付着したからさあ掃除しようなんて事をしたら、液晶が傷だらけになります。

知っていると知らないとでは大違いですよね。知らなかった自分を責めるより、次は同じ間違いを踏まずに済む喜びを感じましょう。減点主義ではなく加点主義。今日は世間知らずと呼ばれ困っている人達への対処法をお教えします。

周りから馬鹿にされたり、呆れられたり、周囲はたいした意味はなくとも、本人はとても傷つくものです。今日はこの記事を最後までお読みいただき、世間知らずと呼ばれて落ちこんでしまうあなたの気持ちを乗り越えてください。

1:自分が何に対して世間知らずなのかを知る

「この世間知らずが!」などと罵られると、今までの自分の人生がすべて否定されているかのように感じてしまい、とても傷つくものです。親しくない他人または力の無い他人の意見というのは、ほとんどがただの中傷であり、相手の本質とはかけはなれているケースがほとんどです。

それが2人、3人と集まろうが、紐解いていくと自分の友達が嫌いだからオレも嫌い!などといったような何の価値もない意見だったりします。だから気にしなくて良いですよ!などという一般論を今回話すつもりはありません。

人間というのは多面体の立体からなっており、無関係な他人の意見というのは、ほぼ100%の確率で、何百、何千とある相手の面のある一面を悪い風に解釈しているだけのケースが多いです。なので世間知らずと言われてしまったあなたは、何故そう思われてしまったのか、何に対して世間知らずなのかを知るべきでしょう。

人付き合いの経験値が少なければ、人付き合いに対しては世間知らずかもしれませんが、例えば日本史だったり、趣味のオートバイだったり、地理だったり、あなたには他にあなたを世間知らずと罵った人物よりも物知りな部分があるはずです。

どこに焦点を当てるかで人生はがらりと変わります。常に自分にプラスになるような思考を持ち続ける事が、幸せな人生を歩む絶対普遍の原理です。

2:世間知らずは幸せだと知る

1であなたが人付き合いにおいて世間知らずだったとします。それはつまり、人付き合いにおいて、これから学べる事がたくさんあるという事を教えてもらっているのです。

世間知らずというのは見方を変えれば、これからわくわくする事がたくさん待っているとても刺激的な人生だという事を分かってください。あなたが今まで最高に楽しかったと思った瞬間はいつも「はじめてやった何か」だったはずです。

人間というのは慣れてしまうと飽きる生き物であり、最初は「これほど楽しい事が世の中に存在するのか!」と数日間興奮がおさまらないほど感動したものであっても、2回3回と回数を重ねていく度に感動は薄れていき、次第にはつまらなくなってやめてしまいます。これは実際に誰しも経験ある事だと思いますし、どんな人も一様に感じる事です。

世間を知らないという事は子供と同じで、これからたくさんたくさん心が鼓舞するような出来事が待っています。逆にあなたを世間知らずと罵った人に、人生の楽しさを教えてもらえばいいでしょう(笑)人生を知り尽くしたよほどの人間なのでしょうしね。

3:人間は誰もが世間知らずだと知る

人間が一生のうちで知れる事はごくわずかであり、どれだけ知的で、頭が良いと言われる人間であっても、その知識の量は限られています。かの天才と言われたアインシュタインですら、私は人間に関してはほとんど何も分からないし知らないと言っています。

私たち凡人が、世間知らずでないわけがないでしょう。そして世間知らずと他人を罵倒出来る人間というのは確実に世間を知りません。叩かれた事がないから他人を批難出来るのであって、本当に世間を知っている人間というのは、人間の見知の限界を知っており、大差がない事も知っています。なのでそうやって馬鹿にしたりはしません。

一般的に世間知らずと呼ばれる人は、社会にうまくなじめなかったり、人間関係を築くのが苦手だったりするケースが多いと思いますが、逆にあなたは本当に人付き合いがうまくなりたいですかと私は聞きたいです。

それは他人に決められた自分で、本当の自分は人付き合いをしたいかどうかというのは自分の深層心理に触れてみなければ分からないものです。私は人付き合いを好まないので、限られた人間と以外関わりませんし、それが一番幸せな他人との距離だと確信しています。

それが仮に恋人や家族であったとしても、親友であったとしてもです。人は誰もが世間知らずだという事を知れば、人生でわくわく出来る可能性は無限数存在するという事が実感出来るはずです。世間知らずである事を喜びましょう!

これからあなたを待っている出来事は、鳥肌が立つようなエキサイティングな事ばかりなのですから。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加