> 趣味・ライフスタイル > 負けたくないライバルと付き合うことで、人生を良い方向へ進める方法

負けたくないライバルと付き合うことで、人生を良い方向へ進める方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.16

負けたくない人。ライバルのような人。そんな人がいる人は、付き合い方によっては人生の方向性を変える原動力になってくれることでしょう。

人によってはそんな人と一緒にいたくないと思うでしょうが、こうした自分が受け入れられないような人を受け入れること、一緒にいるだけで刺激を与えあえる人は貴重な存在でもあるようです。

その気持ちだけで・・・

「負けたくない」という気持ちはスポーツでも仕事でも、趣味でも恋愛でもあることで、女性よりは男性のほうが多いようです。あまりにも勝ち気の強い女性は運を逃す傾向にあるようですが、時にその気持ちが必要な場面もあるでしょう。負けたくないというよりも自分をどうにか動かさないといけない時に動けない人は多いのではないでしょうか。

常に勝ち気がある人は逆に落ち着くことも大切ですが、人によっては自分の安定した状態から抜け出したくても抜け出せないような状態の人もいます。でも、そんな時に自分の気持ちを奮いあがらせてくれるような存在がいれば、自分の力でも理想の状態になるために一歩踏み出せることはあるのではないでしょうか。

時に人は怒ったり喜んだり、そうした気持ちを見ないようにしたり隠したり生活していると、感情のバランスが悪くなり、自分らしいと感じる人生が送れない人がいます。

それはどれだけ物や名誉などで満たされていても感情的にバランスが悪ければ、どこかに虚しさや気持ち悪さが残るようです。そうした感情を自由に出せるような負けたくないと思える相手は、人によってはとても大切な存在になると思います。

ありのまま自由なコミュニケーション

普段から負けたくないといった気持ちをむき出しにしている人に好印象を持つ人はあまりいないかもしれません。場所によっては受け入れられるでしょうが、自分がやっている趣味や仕事でもそんな人は少ないかもしれません。

ですが、表面的にポジティブを保たないといけないような場所でも、それだけ自由な感情を受け入れてくれる人がいれば、それだけ気持ちも楽になりますし、より自分らしい姿でいることが出来るのではないでしょうか。

こうしたコミュニケーションが出来る人はちょっとしたことで人間関係に亀裂が入ることが少なく、表面的に見ると汚い言葉を使っているように見えても、それだけ相手を受け入れられる人同士のコミュニケーションと分かれば、相手を見る目も変わるのではないでしょうか。

もちろん愚痴ばかり言って群れているような人の中にはただ臆病な人もいるかもしれませんが、言い合いを良い愛と考えることが出来れば、また新しいコミュニケーションが生まれるかもしれません。

良いライバルを持つ

ライバルと聞くと、アニメやドラマを見ている人は色々なイメージを持つかもしれません。ライバルといえば争い合うものもあれば、ただ意識しているだけのものもあるでしょう。ここでいうライバルとは自分にとって良い刺激となる良いライバルのことです。

その形は人それぞれで、いつもとんがっているような人と一緒にいると刺激されるのか、いつも凄く仲が良くて、一緒に何かをする時に良いライバルになる人もいるでしょう。それは、表面的にただ褒めたりけなしたりする関係ではなく、自分の深い心の部分まで触れてくれる相手といえます。

自分に遠慮してただ話を合わせるだけではなく、自分に何を言われても構わないからとにかく思いを伝えてくれるような気持ちのリスクを負ってでも自分と接してくれるような人が良いライバルではないでしょうか?そんな意味では親友と考えることも出来るかもしれません。

普通の友達で終わる人はそれ以上話すと嫌われたり恥ずかしい思いをしたり、自分のリスクを考えて接している人のことをいうかもしれません。もちろんそれに抵抗がある人は無理にリスクを負うこともありませんが、時には相手のことを思って自分が何を言われてもいいと思いながらも話すことが相手にとって良いヒントになることもあります。

それだけ自由に接することが出来る相手は、どんな人にとっても大切な人になるのではないでしょうか。それには時間もかかるでしょうが、1つの方法としては相手が何を感じているのかを理解出来る人です。

表面的なコミュニケーションはピッタリでも、ちょっと怒っただけで受け入れられなかったりする薄い仲なのか、普段はあまり話さなくても相手の気持ちを理解して接してくれる人なのかは、どちらがありのままの自分でいられるかを考えた時に、どんな感情も受け止めてくれる人ではないでしょうか。

感情が人を動かすので、どれだけ綺麗な言葉を使おうと思ってもそれが気持ち的にも難しい時もあるでしょう。そんな言いたくないような言葉も受け入れてくれる人は、自分にとってかけがえのない相手になると思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加