> 趣味・ライフスタイル > 「足りない・・・」欠乏感を満たすための「与えること」とは?

「足りない・・・」欠乏感を満たすための「与えること」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.05

あなたは、何を「足りない」と感じて過ごしていますか?お金が足りない、愛情が足りない、友情が足りない。それは目に見えるものじゃなくても心で感じる寂しさが何かを求めていることを教えてくれるかもしれませんし、衝動的な行動が好奇心を満たしてくれるサインかもしれません。

ですが、そうした欠乏感が厄介なのは何かを手に入れてもまた欲しくなる、手に入れたとしても満たされないことがあるということです。

欠乏感のワナ

欠乏しているぐらいだから求めているものを手に入れたら満たされると思うかもしれませんが、一時的に満たされてはまた欲しくなります。ブランド品でも高いバッグ1つあれば満足すると思いますが、次々と新しいものが欲しくなる、それはそのものが欲しいというよりそのものがあるから満たされると思っている気持ちがあるのではないでしょうか。

そして、それが欲しいと思うタイミングも同じで、たとえば自分より綺麗な格好をしている人がいたら、その人に負けたくないと思い新しいバッグが欲しくなるといったスイッチのようなものがあると思います。商品サービスは人の気持ちに変化を与えてくれるもので、思考で意思決定しているように見えても、その底には感情が原動力になっているようです。

なので、その心のスイッチが押されるたびに欠乏していると感じ、何かが欲しいという気持ちが湧いてくるようです。それは人間であればどんな人でも湧いてくる感情で、それによって得られることもあり、たとえば恋愛ではどちらもずっと満たされていると感じる人同士だと相手に何も求めることはないかもしれません。

それより欠乏感を感じて相手から何かをして欲しいと思う気持ちがあるから恋愛はよりドキドキしたり相手の気持ちに深く寄り添う機会になるのではないでしょうか。もちろん欠乏感によって相手に要求し過ぎて上手く噛み合わず続かない恋愛もありますが、欠乏感が人の行動の源になっていることはいえるようです。

ですが、それを知って和らげたり感じ尽くすのと振り回されるのとでは全く違う人生になるかもしれません。欠乏感によってお金のトラブル、事件にも繋がるほどその物があれば満たされるという思いが突き動かしているといえます。

欠乏感を満たすには?

人間であればいつまでも湧いてくる欠乏感との付き合い方が上手くないと、いつまでもそれに振り回され続け、もっとお金が欲しい、もっとブランド物が欲しい、もっと愛情が欲しい、と求めて迷い続けるかもしれません。

それに情熱を感じ、ずっと追求し続けたいのであればそれは情熱になりますが、それを持っていることで自分の価値を証明出来ると思ったり、価値があると感じる時は欠乏感によるものでしょう。こうした気持ちの違いに気付いて自分は何の気持ちがベースとなり今の行動をしているのかを確かめることは大切です。

そして、欠乏感は何かを手に入れることで満たされるというより、何かを与えることで満たされるようです。たとえばお金が欲しいと思ったらどれだけ手に入れてもより商品サービスの質が高いものが欲しくなり、いくらお金があっても欠乏感は尽きることがありません。ですが、お金を求めている人にお金や価値を提供すると、たちまち欠乏感は解消されるようです。

愛情が欲しくて寂しいと思う気持ちも、誰かに優しくされると一時的に満たされる感覚になるかもしれませんが、すぐになくなる感覚に気付くことはありませんか?愛情を求めているなら愛情を誰かに与えると満たされている感覚になるようで、それはお金や愛情だけじゃなく欠乏することなら何でも当てはまるようです。

与えると得られる仕組み

欲しいと思っているのに与えると満たされる感覚は不思議ですが、なぜ人間はずっと欠乏感が出たり、このような感情の動きになっているのかはまだ分かっていないようです。ですが、与えると相手から喜びや何らかの反応が返ってくることが得られることですし、自分が与える状態になることも欠乏状態から与える状態を得るともいえます。

食べ物を食べるにしても美味しいものを食べたい人もいれば何も食べなくても楽しさを味わえれば満足する人もいて、欠乏感も必ずしも求めているものを得ること以外でも満たせるようです。

たとえ周りの人のせいでイライラしたり落ち込んでいると思っても、それは自分の感情が自分をそうさせているので、周りの人は自分の中にある感情に気付かせてくれている鏡といえます。

それが分かれば、他人にせいにして自分ではどうにも出来ないややこしい方向に持っていかずに自分で責任を持って対応することが出来ます。欠乏感や無価値感などと上手く付き合うことが出来れば、より自分らしい人生へと進むことが出来るのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加