> 趣味・ライフスタイル > 新しくなったiOS7、バッテリー節約の為の設定まとめ

新しくなったiOS7、バッテリー節約の為の設定まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.04

iPhoneのOSが新しくリリースされアップデートを行うと、それまでの設定がリセットされたり、仕様変更や新機能が追加されたりして、バッテリーの消費が一気に増えてしまう事があります。

今回はiOS7で加わった機能も含め、バッテリー節約の為の設定をまとめてみました。バッテリー消費が気になる方は是非チェックしてみて下さい。

キャリア自動設定

iPhone5s/5cが発売と同時にdocomoが参入し、iPhone本体も各キャリアに対応しています。デフォルトでは自動的に契約しているキャリアと紐付けされるようになっていますが、国内のiPhoneは全てsimロックがかかっているため意味がありません。offにしてしまいましょう。

設定→キャリア→自動をOFF。

アプリの自動ダウンロード

iOS7から搭載されたアプリの自動ダウンロード(アップデート)。「自動」と聞くと便利な気もしますが、今や本体にアプリを数十個~数百個インストールしているなんて当たり前。

これらを常に自動的にアップデート対応させてしまうと相当バッテリー消費が早くなってしまいます。自分に必要な機能かをよく考え、必要無ければoffに。

設定→iTunes&App Store→アップデートをOFF。

アプリのバックグラウンド更新

こちらもiOS7から新しく加わった新機能。クラウドベースで動いているアプリなどは、今までは一旦起動しないと最新の内容に更新されませんでしたが、iOS7からはバックグラウンドで更新されます。

頻繁に使うアプリであれば非常に便利な機能ですが、必要無いものまで常に更新されてはバッテリーの消耗も激しくなってしまうでしょう。一度確認してみる事をお勧めします。

設定→一般→Appのバックグラウンド更新。

一括でON/OFF出来る他、バックグラウンド更新に対応しているアプリを個別に設定する事も出来ます。

システムサービス(位置情報サービス)

システムサービスと書いていますが、ようはGPSなどを使った位置情報サービスの取得設定です。GPSを使ったマップアプリや検索時のパーソナライズなどは非常に便利ですが、必要無いものはOFFにしましょう。こちらも無駄なバッテリー消費の一つの要因。

一般→プライバシー→位置情報サービス。

一括ON/OFFの他、個別に設定可能です。

視覚効果を減らす

こだわり抜かれたデザイン。ユーザーがレイヤー構造を感じれるように設計されており、フラットな中に奥行きを感じ取る事が出来る非常にクールなデザインのiOS7ですが、こちらのお洒落な視覚効果もバッテリーを消費して動いています。「そんなのいらない」という方はoffに。

設定→一般→アクセシビリティ→視覚効果を減らす。

コントロールセンターから出来る事

画面の下からスワイプすると現れる新機能『コントロールセンター』。ここから様々な機能にアクセス出来ますが、バッテリー節約の為に出来る事で今回オススメなのは以下の3つ。

・wifi/Bluetoothをoffに
・AirDropをoffに
・画面の明るさを調整

wifiとBluetoothは通信方式です。使っていなければoffに。AirDropはデバイス間でのファイルの受け渡しに使えます。

これまではMacOSのみの機能で同一ネットワーク間でのファイルのやり取りをドラッグ&ドロップで出来るという便利機能。iOS7から可能になりましたがそんなに使う頻度はありません。(現在は一部の機種限定)

画面の明るさ調整は定番中の定番。45~65%くらいがいいのではないでしょうか。

通知センター

ここからは前回OSでもよく言われていた節約設定。まずは通知センター。設定しておけば様々な通知を知らせてくれる機能ですが、放っておくと必要無いお知らせまで通知します。改めて見直しを。

設定→通知センター。

Spotlight検索

iPhoneを上手に使う為に一部に重宝されている機能『Spotlight検索』デバイスの中の様々な情報をインデックス化し検索可能になるため、データへのファーストコンタクトはコレしか使っていないという人もいる程。

便利な反面、iPhoneを起動した瞬間から常にデータをインデックスし続ける為、地味にバッテリーを消費します。インデックスの実行/不実行を個別に設定出来るので是非チェックしておきましょう。

如何でしたでしょうか。今回ご紹介したのはiOS7におけるバッテリー節約設定の基本中の基本。この他にも細かな設定がまだ沢山あります。(アプリ固有の設定なども)折角の新OSですから、色々弄ってみて、自分に合った設定を見つけて上手に付き合っていきたいですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加