> 趣味・ライフスタイル > 太らない食生活を覚えて、無理なくスタイル作りを

太らない食生活を覚えて、無理なくスタイル作りを

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.23

ダイエットでは無く食生活を

ダイエットと言えば女性が常日頃から意識したいワードでもありますが、男性においても、そう考える方は少なくありません。

中身重視の女性が増えつつある昨今ですが、外見のスタイルなどが良いにも、もちろん越した事は無いのです。しっかり自分の体も磨き上げて、女性への強力なアピールツールとしたい所です。

ですが、ダイエットをはじめてみても、なかなか長続きさせるのは難しく感じられてしまいがちです。そこで、そもそもの食生活に着目して、日頃から太りにくい体作りを行うことが、ポイントと言えるのです。

食事内容をチェック

まずは定番ですが、太りにくい、低カロリーである食材を選んで食べる方法です。脂質、糖分、炭水化物の控えられた食事が良いでしょう。

これらは直接体を動かすためのエネルギーとなる大事な栄養素なのですが、使われなかった分はそのまま脂肪へと蓄積されてしまいます。

その日の行動量、運動量に合わせて、必要最低限だけを摂るように意識出来れば、何よりですね。ちなみに、炭水化物は速攻型のエネルギーに、そして脂質は持続力あるエネルギーとして作用してくれます。

ほどよく筋肉を付ける

次に、スタイリッシュさを演出する、程よい筋肉作りに重要な食材です。筋肉を付けずにただ痩せるだけでは、それこそひょろひょろの、女々しい体付きとなっていまいます。

また、ぜい肉を支える働きをするのも筋肉です。ぜい肉の全く無い体はほとんど有り得ないので、ガッチリ系の体を良しとしない方の場合でも、少しはつけておくべきです。

筋肉を作る栄養素は、たんぱく質です。なので、肉類、豆類を意識して食卓に並べるようにしましょう。特に、鳥のささ身や豆腐は、低脂質高たんぱくで、まさに持って来いの食材と言えます。

二択で一日を過ごす

次に、一日の過ごし方です。ここにもまた太りにくい体作りのためのチャンスが隠されているので、ポイントを押さえておきましょう。どんな行動をするにしても、二パターン考えるようにしてみてください。

例えば、簡単なものでは、家まで公共の乗り物で帰るか、徒歩で帰るか。マンションを降りるとき、エレベーターを使うか、階段で降りるか、などです。

この場合、どちらも後者を選ぶようにします。二択を頭に浮かべて、どちらがよりカロリー消費量が多いかを考えるのです。

一行動一行動ではそこまで効果はないかもしれませんが、日頃から意識してそれを積み重ねていくだけでも、結果は驚くほどに変わってくるのです。

魅力的でいる事

スタイルも良い、スタイリッシュな魅力のある男で居れば、女性からの評価が上がるのはもちろんの事、仕事面などでも何かとチャンスに恵まれます。

例えば、会社の顔として重役を任せたいと考えたとき、やはり、見栄えの良い社員を使いたいと、考えるものですからね。

メリットの多い、男性においてのスタイル作り。ほんの少しずつで良いので、始めてみてはいかがでしょうか。目に見えて結果が出始めた頃、たったこれだけの事で?と、きっと驚かされることでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加