> 趣味・ライフスタイル > 欲しいものがなかなか手に入らない時の気分転換の方法とは?

欲しいものがなかなか手に入らない時の気分転換の方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.29

欲しい気持ちは大きいほど大変?

欲しいものがすぐに手に入るのならいいですが、なかなか人生そう上手く行く事ばかりとは限りません。欲しいという気持ちが大きければ大きいほど、一日でも早く手に入れたいと思ってしまうのは人間としてごく自然な事なのかもしれません。

しかし、欲しいものがいつ手に入るかという見通しが立たないといった場合や、手に入れるまでの時間があまりにも長過ぎるといった場合ですと、ついイライラも募って精神衛生上にとっても非常に良くない状況になりがちです。そのような場合には、手に入る迄は思いきって忘れるという努力も必要です。

思いがけず手に入ったというような事があるように、忘れたほうが手に入りやすいといった場合もありますので、あまり執着し過ぎると却って欲しいものは遠ざかってしまうような法則でもあるのかもしれませんね。

手に入る迄の焦る気持ちも工夫次第?

でも、そうは言っても簡単に忘れるなんて出来ないという人も多いでしょう。しかし、飢餓の際の食料や水といったように、それが無いと生きていけないというものは別ですが、それが手に入らなくても生きるのには困らないといったものの場合でしたら、工夫によって何とか忘れられるものです。

時間が解決をしてくれるといった場合もありますが、その間の時間が辛いという事もありますので、やはり何らかの工夫をするようにしてみましょう。例えば、欲しいものが高額な商品だという場合には、その購入の為に定額貯金を始めてみるというのも1つの方法です。

もちろん、満期になる迄はイライラも募るでしょうが、満期になれば買えるのだと前向きに考えて、逆にその間を楽しむというのも忘れる為の努力と言えるかもしれません。その商品を手に入れたら、どんな事に利用するかといった計画に夢中になるというのもよいでしょう。

諦めたほうがいいパターンもある?

次に、残念ながら手に入る見込みがまったく無いといった場合には、キッパリと諦めたほうが気が楽になる事もあったりします。諦めて他の事をしている内に忘れてしまい、ある日ひょっこりと意外な方面から手に入ったというケースも多々あるようです。これは、一度忘れないと手に入らないというものだったのかもしれません。

代用や環境を変えるという方法もあります

忘れる為の気分転換の1つとして、代用のものを利用するという方法もあります。例えば、旅行に行ってリフレッシュしたいが、どうしても仕事が忙しくて纏まった休日が取れないといった場合ですと、普段の休日を利用して無理をしながら旅行に行ったとしても、疲れるだけでリフレッシュどころではないでしょう。

それよりも、近場の高級ホテルに泊まったほうが、いつもとは違った環境でリフレッシュ出来るという場合もあります。

現在の環境を少しでも変える事によって、人は早くその環境に慣れようとしたり楽しもうとしたりしますので、手に入らないものを忘れやすくなったりもします。環境の変化は、いい気分転換にも利用出来るという事を憶えておきましょう。その内、忘れた頃に手に入るかもしれませんよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加