> 仕事 > 出世したいなら聞き上手に徹すべし!喋りすぎることがNGな理由とは?

出世したいなら聞き上手に徹すべし!喋りすぎることがNGな理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.22

一旦口から出た言葉は消えませんし、言葉は独り歩きします。自分の本意でない事までどんどん尾ひれがついて大きな誤解を生むことがあるのです。そのため、出世をしたいなら多くを語らず、相手の出方を待って相手の言葉に返していくのがコツです。商談に勝つコツも、聞き上手になることです。

聞き上手話させ上手は、落ち着いた雰囲気と相手に信頼を持たせます

聞き上手になることで、相手の性格や気性だけでなく、相手の考え方までわかることもあります。しかし、まず、相手に親しみを沸かせることができなければ相手に話をさせることもできません。特に商談等駆け引きが利益に大きく影響するような場合は、相手の出方を待って先方の条件に譲歩してあげるような形で多少の恩を売ることも大切になってくるのです。

初対面での沈黙は、気まずいものです。その沈黙を破るために話し始めてしまう人も多いのではないかと思います。そういう時は、突然本題に入るのではなく、雑談から入るのです。ニコニコ穏やかな雰囲気を醸し出しながらのんびりやっていると、相手も安心してきますし、しびれを切らして相手から本題に入ってくるかもしれません。

そして、相手の条件を聞きながら、譲れることは譲り、譲った分だけこちらの言い分を通す、また、こちらが思っていたよりも高い評価をつけてくれた場合は、もっと高い条件を主張して、相手の条件を渋々譲歩した関係で受け入れることもできます。

聞き上手に徹していれば、うっかり口を滑らせてしまったというような失敗も無くなり、交渉を有利に運ぶことができるのです。しかし、やり方を間違えれば、何を考えているのかわからない、計算高い人間だと思われることもあります。

そうならないためにも、雑談から入り、温かく柔らかい落ち着いた雰囲気が大切なのです。こうして相手をある程度信頼させてから商談に入ることができる方が断然有利です。

下調べの結果、相手を喜ばせようとした小細工もやり過ぎると失敗します

商談を上手く進ませようと、相手の趣味・趣向を調べ、喜ぶような接待をしたとします。多くの場合、プレゼントをしても差し障りが無い場合は喜ばれるでしょうが、自分も同じ趣味・趣向を持っていると偽って、にわか勉強で話を合わせようとすると、多くの場合失敗します。ゴマすりがバレバレとなる場合も多く、雰囲気が一気に白ける場合もあるのです。

だから、商談で自分を大きく見せようとする小細工は、失敗することの方が多いので控えましょう。商談相手の趣味趣向に勝ってはいけないのです。バレない様に勝たせて喜ばせるテクニックも必要です。だから、雰囲気を和ませる雑談の一環なら自分は不慣れでも、話が合う程度に勉強して教えを請う初心者でも充分なのです。

「今度教えて下さい」「不勉強で申し訳ありません。この次はもっと勉強しておきます」といった感じで、正直に答えた方が、相手は、自分のために勉強してくれた努力に好印象を持ってくれるでしょう。

人は、大好きな事を誉められたり、教えを請われたりすると、多くの場合、心を許して解説を始めてしまうものです。それを心地良く聞く雰囲気を作り、相手を楽しませることが重要です。

一方、大げさな事や嘘やハッタリは、相手の知識の深い場合はすぐにバレるものですから、却ってその嘘が相手に不快感を抱かせるものです。「この人の話は大げさだ!」と信用を失う場合もあります。好意から出た小細工もやり過ぎは逆効果ですから、わからない事はわからないと、知識が浅い事を正直に相手に詫びる方が、よほど好感が持たれます。

しまったと思っても、口から出た言葉はどうにもすることができません。そのために、どうにでも言える程度の会話が無難です。

また、商談の最中に確約できない自信の無い事が出てきた場合も同じです。「多分・・・」で回答するよりも、「会社に戻ってすぐに回答をご連絡します」と言った方が、その場で回答できないなんて相手に迷惑をかけそうですが、答えておいて、後から訂正するよりもよほど信頼を持たれます。相手が悪ければ、挙げ足を取って、無理難題を持ち込まれることもあるのです。

ですから、言葉は慎重にならなければなりません。反対に、相手が話した解説と自分の理解が食い違う場合もありますので、理解の確認も大切です。納得いかない点は、聞きにくい事でも明確にオープンにしておかないと後でトラブルに発展します。言った言わないは水掛け論ですので、あやふやな言葉を口にしたり、不明確な文章を書いた方が損をすると思った方が良いでしょう。

取引法上、相手が誤解するような文章を書いた契約書部分は無効なのです。誤解させた方が悪いのですから、軽口で「多分・・・」は絶対禁物なのです。言葉は聞き違いも生じます。ですから、メールやFAXで後ほど会社宛に送信する等、確実に文書で残しておきましょう。後からトラブルになった時の証拠となります。

また、商談で困った状況に陥った時も、聞き上手に徹していれば、相手が話している間に、どう答えるのが一番有利かを考えることもできます。喋りすぎると考える時間もないので損なのです。それに、落ち着いた雰囲気の方が信頼を得やすいのです。よく喋る人間は軽く見られがちですからご用心を!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加