> 仕事 > 仕事ができる男になるには?身につけておきたい3つの能力

仕事ができる男になるには?身につけておきたい3つの能力

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.26

読者の皆さんの中にも、「なかなか仕事がうまいこといかない」と悩んでいる方がいらっしゃると思います。「いつしか仕事ができる男になりたい!」と胸に熱い思いを抱いていらっしゃる方も少なくないでしょう。

そこで、今回は仕事ができる男になるために、身につけておきたい3つの能力をご紹介します。「能力」と言うと、難しく感じるかもしれませんが、ちょっと意識するだけで身に付くものです。実践してみてはいかがでしょうか?

人を見る能力

たったひとりで成立する仕事など、この世に存在しません。言うまでもありませんが、時には先輩の助けを借りたり、後輩を助けたりしながら仕事は進んでいくものです。

皆さんも、数十人のプロジェクトに携わり、仕事をすることがあると思います。その時、必要となるのが「人を見る能力」です。たとえば、あなたが部下を携えて働くポジションにいるならば、部下の長所や短所をしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

一緒に仕事をする人間の性格をしっかりと掴んでおくことで、仕事は効率的に進行します。長所を生かして仕事を振ったり、短所を直しながら仕事の指示をしたり。人を見る能力があれば、上手に人を使うことができるのです。同じチームで働く面々が気持ち良く仕事に取りかかれる為にも、この能力は身につけておきたいです。

休みながら仕事をする能力

どんな人でも、四六時中100%のパワーを使って仕事をし続けることは不可能です。身も心も酷使しすぎては、良い仕事ができなくなるのがオチでしょう。働く時には、フルパワーで仕事に徹することも勿論大切なことですが、それと同時に「上手に休む能力」も必要です。

たとえば、徹夜で働かなければ終わらない仕事があるとします。その際、長時間ひとときも休むことなく働いていても、なかなか仕事の効率化は計れません。

そんな時こそ、意識をしたいのが「ひと休み」することです。ちょっとひと息入れられるかどうか、が大切なのです。息抜き程度で良いのです。ちょっとコーヒーを飲んだり、夜風に当たったり、自分自身の息抜きの方法を見つけてみて下さい。身も心もつかの間のリフレッシュによって、リラックスするはずです。

このように、どんな状況でも自らの心身を緊張状態におくのではなく、効率的に休む能力も仕事において必要な能力だと言えるでしょう。

職場にひとり友人を作る能力

同僚と言えど、あなたの周りにいる人々は時にあなたにとってのライバルとなります。しかしながら、その同僚に常に緊張感を持って接していては、ストレスが溜まる一方です。

同僚の中には、ひとり友人を作ることをオススメします。最後に紹介するのは、「職場にひとり友人を作る能力」です。同じ会社にいる同僚でなければ理解してもらえない悩みや相談があるはずです。時には酒を交わしながら上司の愚痴を言える友人を、会社にひとりは作ってみてはどうでしょうか?

心おきなく、あなたの思いのすべてを打ち明けられる存在がひとりでもいたならば、どれだけ仕事でストレスを抱えていようとも、少しは気持ちが楽になると思います。たったひとりの友人でも、あなたがピンチに陥った時は必ずあなたの救いになってくれるはずです。

このように仕事ができる男になるには、さまざまな能力が必要になってきます。今回紹介したことは非常に初歩的なことかもしれませんが、なかなかそれを実行するのは難しいのではないでしょうか?まずはこれらを意識しながら働くことで日々の仕事への姿勢が変化し、皆さんができる男になれることを祈っています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加