> 仕事 > これだけは知っておこう!女性の上司に対しての接し方とは?

これだけは知っておこう!女性の上司に対しての接し方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.21

女性の上司は男性の上司とは違う

最近は女性の上司も珍しくはなくなってきましたので、自分の上司も女性だよという男性も多いかと思います。仕事だから、上司が男性であろうと女性であろうと関係ないと考えている人もいるでしょうが、男性の上司と同じように接すると失敗するという場合もあります。

男性同士だから何となくわかるという部分もありますが、女性の場合は男性に比べると感情の幅が豊かな場合が多いといいますが、それでより細かな気遣いなどが得意といったケースもあります。そこを細か過ぎるとか、お天気屋だな等と軽率に判断して男性の上司と同じように接すると、様々な摩擦が起きてしまいます。

男性も女性も同じだと思っていませんか?


男性も女性も同じだよというならば、男性が好む○○は?とか女性が好む○○とは?といった記事や意見も無意味になってしまいますが、実際はそうではないと実感しているからこそ、ついつい気になってしまうのではないのでしょうか?

男性上司だからこうだとか、女性上司だからこうだといった決めつけはいけませんが、男性と女性は違いがあって当然ですので、その僅かでも違いを理解して接するのとそうではないのとでは、大きな差が出てくると思ってよいでしょう。

女性だからなのか、人間性なのかを見極めましょう

うちの上司は女だからヒステリックで困るという人もいるでしょうが、それが女性にありがちの感情の幅が大きいという場合でしたら、まずはどういった場面で感情が大きく揺れるのか?という事を観察してみましょう。どこかにスイッチがあるはずですから、それを押さなければいいだけの場合もあります。

また、男性の上司でもお天気屋な性格の人がいるように、いい時は非常にいいはずです。男性であれ女性であれ、完璧な上司という人間はいませんので、問題がある場合にはそれが女性特有の部分からきているのか、それとも人としての部分からきているのかという事を見極めましょう。

男性と女性が協力するという点においては家庭と同じです

もしも、女性の部分からきているのであれば、変な意味ではなく男性として対応をしたほうがスムーズにいくといった場合もあります。仕事でも、母親と父親のような役割が必用な場合がありますと、上司はあくまでも女性ですからカカァ天下のようにしたほうがよいでしょう。

母性愛に溢れたような上司の場合には、自分がヘマをしてしまった場合に素直に非を認めると、嫌な男性上司のようにネチネチ言われないといった場合もあり、女性上司の特徴が女性の部分からきていて上手くいっているというパターンもよくあるのです。

女性上司への接し方としては、女だからと決めつけるのではなく、女性の部分からきているとしたら男性として部下としてどのように接したほうがいいのか?という事を考えて、どちらも働きやすい環境を作るようにしたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加