> 仕事 > 仕事のミスを報告するのが怖い!うまく報告する5つのコツ

仕事のミスを報告するのが怖い!うまく報告する5つのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.04

仕事のミスを報告することは、とても勇気が要ることです。もしも怒られたらどうしようと思うと、上司や社長になかなか言い出すことが出来ない場合も多いでしょう。仕事を任されたからには、ミスをするべきではないと自分で分かっているからこそ、仕事のミスを報告することをためらう人は多いはずです。

でも報告の仕方によっては大丈夫なこともあります。うまく報告をするコツを知ることにより、仕事のミスを恐れることも少なくなるかもしれません。

その1 自分の努力を伝えるようにする


自分なりに精一杯努力をしたけれどこうなってしまったということを、きちんと伝えるようにしましょう。たまにそれを言い訳というように思い、言い訳をしたくないと思う人もいるかもしれません。

でもそれは言い訳ではなくて、説明なのです。きちんと流れを説明することにより、上司や社長が気持ちを理解してくれるということもあるのです。話してもムダだと言うように思わずに、どのような過程でこうなったのかということをきちんと伝えるようにしましょう。

その2 ミスをした後の対処が重要

本来はミスは人間であれば誰でも起こすものなのです。そう考えるとその後の対処の方が重要ということになります。起こってしまったことをいつまでも悔やんでいるよりも前を向く気持ちが大切です。

上司にも、こういうことが起きたのでこのように対処をしたいと思うということを伝えるようにしましょう。そうすることにより少しでも早く良い方向に進むことが出来るかもしれません。ミスをして落ち込んでいる時間は無いのです。その後の対処の仕方によっては社長や上司も一緒に考えてくれたり、あなたの意見を尊重してくれることもあるでしょう。

その3 ミスを繰り返さないことを宣言する

同じミスを何度も繰り返すということは一番良くないことです。同じミスを繰り返さないためにはどうするべきかということを、上司に伝えるようにしましょう。そのような決意があれば、上司も理解してくれるでしょう。

もうこのようなミスを繰り返すことは無いだろうと、あなたのことを思ってくれたならば、これ以上はしつこく怒るということは無いかもしれませんので、自分なりに宣言をしてみることが必要です。

その4 ミーティングを開くことを提案する

自分がミスしたことについて、会社の人たちに迷惑をかけたということもありますが、同じようなミスを他の人が起こさないようにするために、ミーティングをすることを提案してみましょう。

その席で色々な意見を吸収するようすることにより、あなた自身が成長することが出来るのです。会社の方の部署ごと成長することが出来ますので、ミーティングを開くことはとても重要なことです。

時間を設けてもらって、ミーティングを開くようにしてもらいましょう。そうすることでミスに対して真剣に向き合っていることを上司が理解してくれることになるでしょう。

その5 タイミングを見ながら報告をする

上司の機嫌や状態をしっかりと見て把握をしてから、報告をするようにしましょう。元から機嫌が悪いような時に報告をすると、火に油を注ぐというようなことになりかねません。怒られ方が更にひどくなってしまうことにもなりますので、上司の機嫌をしっかり見ておきましょう。

そしてタイミングにおいても今が一番良いというタイミングに伝えるようにするべきです。そうしているうちに遅くなり過ぎないようにすることは必要です。基本的にミスは出来るだけ迅速に報告することが望ましいと言えるでしょう。

仕事のミスを報告する時に、それを楽しみにしながら報告するということはまず出来ません。どのような形で怒られるのかということがとても怖いということもあると思います。でも少し工夫をすることにより、怒られ方も変わってくるのです。

次からはミスをしないというように思っても、あまりきつい怒られ方を以前にしているとトラウマになってしまうことがありますので、自分を守る意味でも上手に報告するコツをつかみましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加