> 仕事 > たまには自分の価値観を、仕事も含めて見直してみよう!

たまには自分の価値観を、仕事も含めて見直してみよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.06

なぜ価値観を見つめ直したほうが良いのか?

あの人とは価値観が違うから反りが合わないとかよく聞く言葉ですが、自分の価値観は絶対に変わらないと思っていたら、とんだ石頭になってしまう場合もあります。信念を持つ事は大事ですが、価値観を絶対に変えないというのは思考がそこでストップする危険もあります。

柔軟な思考とは程遠くなってしまい、私はこんな人だからっ!とか、思考をシャットアウトしてただ嫌いとしか言えないという場合には、年齢は若くても心はヨボヨボになっている可能性もありますので、たまには自分の価値観を見つめ直したほうがよいでしょう。

会社によって価値観も変わる?

人間は、環境や付き合う相手によっても価値観が変化する場合がありますが、歳を重ねる毎にその価値観も固定化されやすくなってきます。そして、その価値観が行動を左右するという事にもなる場合が多いようです。

会社によってもその会社独特の価値観というものもあります。転職経験のある方ならよく分かるかもしれませんが、会社によって会社教のようなものがあったりして、またその教えは他所の会社では役に立たなかったりとか。

しかし、その会社にいる内は嘘でもその会社の価値観に合わせなければなりませんので、良くも悪くもいつのまにか染まってしまう場合もあります。しかし、自分にとって良い価値観か悪い価値観かの見極めはできるようにしておいて損はないでしょう。

マインドコントロールで価値観も変わる?

マインドコントロールのように、価値観をいつのまにか変えられるという恐ろしいものがありますが、変えられた本人は分かっていないというのが恐ろしいところです。

なぜあんなおかしな新興宗教に入ったんだろう?という友人や知人がいる人もいらっしゃるかもしれませんが、価値観を変えられた本人からしてみたら理解しないほうがおかしい、または可哀想だという事になっています。どんなに生活が苦しくなっても、借金をしてまでもお布施をするのは来世の為で、それをしない人達は可哀想な来世になるという訳です。

例え来世があったとしても、その来世が今のお金でなんとかなるのかが不明なところですが、それを信じてその教えが価値観となっているのですから周りがなんと言っても聞くはずはありません。

当たり前が実は恐ろしい場合もある?

おかしいと思う人もいるかもしれませんが、人はそういった価値観でなくても他の価値観に沿って行動しています。そして、それが当たり前として気づかない場合が殆どなのです。昔からこうしてきたからとか、これ以外は考えられないというような言葉の裏には、その人の価値観が深く根付いているのかもしれません。

自分の価値観が絶対だという事はないですので、時にはその価値観をよく見つめ直してみると意外な恐ろしいものが出てくるかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加